マンジュ王号の漢字音訳

 思いついて《清史満語辞典》上海古籍出版 を購入したところ、マンジュ親王号の漢字音訳があったので、メモ。

【和碩多隆俄親王(Hošo i doronggo cin wangi)】又は合碩多羅俄親王⇒和碩礼親王。
【和碩額爾克親王(Hošo i erke cin wang)】又は合碩額爾克親王、簡称は額爾克王⇒和碩豫親王。
【和碩法奉阿親王(Hošo i fafungga cin wang)】又は合碩発奮親王、和碩法奉親王⇒和碩肅親王。
【和碩墨爾根親王(Hošo i mergen cin wang)】又は和碩黙児根親王⇒和碩睿親王。
【和碩木特卜勒親王(Hošo i mutebure cin wang)ii】又は合碩木特卜勒親王⇒和碩成親王。
【和碩蘇勒親王(Hošo i sure cin wang)】又は合碩淑勒親王⇒和碩穎親王。
【和碩烏真親王(Hošo i ujen cin wang)】又は合碩烏真親王、和碩兀真親王⇒和碩鄭親王。
 サラッと成親王と克勤郡王では封号違うってコトもココで分かりますね…。

 ついでに多羅郡王も…。
【多羅巴図魯郡王(Doro i baturu giyûn wang)】又は多羅把土魯郡王⇒多羅武英郡王。

 も一つベイレも。
【多羅巴彦貝勒(Doroi bayan beile)】又は多羅伯陽貝勒、多羅巴顔貝勒⇒多羅饒餘貝勒。
【多羅厄勒供貝勒(Doroi elehun beile)】又は多羅厄勒紅貝勒⇒多羅安平貝勒。

 ただ、この辺は出典が書かれてないので、よくわからんのですよね。多分、漢文檔案とかにあるんでしょうけど。あと、本文では簡体字になってるのを、自分が無理矢理新字体に直してるので、もしかしたら字が違うかも知れませんし。

 ついでに言えば、《太宗実録》の崇徳元年の封爵では、親王郡王ベイレが封爵されてまして…。

(夏四月)丁酉。分叙諸兄弟子姪軍功。册封大貝勒代善、爲和碩禮親王貝勒濟爾哈朗、爲和碩鄭親王墨爾根載青貝勒多爾袞、爲和碩睿親王額爾克楚虎爾貝勒多鐸、爲和碩豫親王貝勒豪格、爲和碩肅親王岳託、爲和碩成親王阿濟格、爲多羅武英郡王杜度、爲多羅安平貝勒。阿巴泰、爲多羅饒餘貝勒。iii

 これで見ると、この頃の序列は…ダイシャン、ジルガラン、ドルゴン、ドド、ホーゲ、ヨト、アジゲ、ドゥドゥ、アバタイとなりますね。気になるのはサハリヤンが居ないことですかね…。このとき穎親王に封じられたはずですが、この頃死の床についていたはずなので、叙勲式には参加していなかったから書かれていないのかも知れません。
 で、ココで見ると、ドゥドゥとアバタイは同列扱いで、ベイレでは有るんですが、他の親王、郡王と同じように封号を貰ったみたいなんですよね。この後はベイレに封号を与えることもなかったようなので、崇徳元年の封爵の特色と言って良いでしょう。崇徳年間に没しているのに、ドゥドゥは安平貝勒と呼ばれるのに何となく違和感あったんですが、アバタイが出世して郡王になったから目だつだけなんですね。なんか目から鱗でした。

追記:《満文老檔》の該当部分に王号がザラッと…。

orin ilan de,gosin onco hūwaliyasun enduringge han i hesei ahūta,deote,juse be gung ilgafi,ce bume amba beile be hošoi doronggo ahūn cin wangjirgalang beile be hošoi ujen cin wangmergen daicing beile be hošoi mergen cin wangerke cūhur beile be hošoi erke cin wanghooge beile be hošoi fafungga cin wangyoto beile be hošoi mutebure cin wangajige taiji be doroi baturu giyūn wang obuha。

 実録では呼び捨てのヨトがヨト・ベイレ、アジゲがアジゲ・タイジになってます。こっちではドゥドゥとアバタイは抜けてますね…。

  1. 実際には hošoi doronggo ahūn cin wang=和碩礼兄親王 と称されることも… [戻る]
  2. その後降格されて、Doro i kicehe giyûn wang=多羅克勤郡王 [戻る]
  3. 《太宗実録》巻二十八 [戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。