アイシン・グルンの『三国志演義』

 三国志演義についての金文京『三国志演義の世界』東方書店 に

うちつづく農民の反乱などによってすっかり疲弊した中国を、東北の一隅から虎視眈々とねらっていた満州人は、『三国志演義』を満州語に訳して、配下の武将たちに読ませていたのである。i

と言う一文があることで、マンジュ版三国志演義があることが知られています。

続きを読む アイシン・グルンの『三国志演義』

  1. 『三国志演義の世界』P.9 [戻る]