Sense8(ネタバレなし人物紹介)

 と言うわけで、Netflixでオリジナルドラマ、Sense8(センス8)を見たのですが…。結構複雑な話なのでWikipediaでも見ながら確認しよう!と思ったらそもそも日本語の項目自体がなくて困り果てたので、英語のページと2話くらいまでの内容をメモ。各国各地域の8人の老若男女…とニューハーフとゲイがある時を境に感覚や能力をシェアできるようになり…。と言うお話です。ちょっと聞いただけではHEROSみたいですが、むしろ、サウンドノベルの『街 〜運命の交差点〜』で主人公の人たちが世界各地に散ってて、お互いに不思議な力でつながっててそれぞれの能力をみんなが使える感じですかね…。最終的に同じ目的になるなら『428』っぽくなるのかもしれませんが…。
 ともあれ、12話あるのですが、2話まで見ても多分何のこっちゃか分からないドラマです。後から見直すと、ああ!そういうことか!となるんですが、何やってるのかさっぱり分かりませんし、そもそも主人公8人が均等に出てくるわけじゃ亡いので、せわしない感じになります。

ウィル;アメリカ シカゴ(Will Gorski – Chicago)
シカゴ警察の警官。人種の坩堝シカゴで街のギャングの取り締まりなど行っていた。テロリストとして指名手配されていたジョナス(Jonas Maliki)という容疑者を追うのだが…。

ライリー;イギリス ロンドン(Riley Blue – London)
ロンドンのアイスランド人DJ。聴衆に誘われてヤバいドラッグのパーティーに連れて行かれるが…。

カフィアス;ケニア ナイロビ(Capheus “Van Damme” – Nairobi)
ナイロビのバス運転手。ジャン=クロード・ヴァン・ダムのファンでバスにも全然似てないヴァンダムの絵を描いて目印としている。母親がエイズを煩っており、治療薬の為に稼がなくてはならないが、ライバルのバットヴァンにバスの客を取られてしまう…。

サン;韓国 ソウル(Sun Bak – Seoul)
ソウルの財閥系一族会社の娘にして副社長。かつてキックボクシングのチャンプとして君臨していた。父親は弟にばかり目をかけていたが、弟は汚職に手を染めていた…。

リト;メキシコ メキシコシティー(Lito Rodriguez – Mexico City)
メキシコシティーの人気映画俳優。ストイックな性格だがセクシーさでは人気随一で男性人気も女性人気も高い。人気女優ダニエラ(Daniela)とのスキャンダルに見舞われるが、彼にはヘルナンド(Hernando)という同居人との間にある秘密が…。

カーラ;インド ムンバイ(Kala Dandekar – Mumbai)
ムンバイの製薬会社社員。ガネーシャ神の熱心な信者。街の食堂の娘だが、社長の息子であるラジャン・ラサルから熱烈なアタックを受けて婚約を決めたのだが…。

ウォルフガング;ドイツ ベルリン(Wolfgang Bogdanow – Berlin (Max Riemelt)
ベルリンのギャングにして金庫破り。従兄弟シュタイナーが目をつけた宝石を親友のフェリックス(Felix)と横取りしようとするのだが…。

ノミ;アメリカ サンフランシスコ(Nomi Marks – San Francisco)
サンフランシスコのブロガー。元ハッカーであったが、足を洗い性転換して女性となった。現在は彼女のアマニタ(Amanita “Neets”)と暮らしており、プライド(LGBTのイベント)に参加しようとしたのだが…。

特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」2

 と、昨日に引き続き東博の展示の備忘録です。これで中々個人的には役に立つんですが、他の方の役に立ってるのかなと思うこともあるモノの、取りあえず後半部分です。
続きを読む 特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」2

特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」1

 と言うワケで、色々問題があったモノの、6/24から開催されている特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」を見に行ってきました。
 JR上野駅で買った当日券はチケットぴあで発券したようなチケットで、絵がないですが良いですか?と念を押されたんですが、平成館の会場入り口でもぎられるときに、台北 “國立”故宮博物院展のチケットに交換されちゃいました。まぁ、チケットぴあみたいなチケットにもちゃんと“國立”ってクレジットも入ってましたが、一律に交換することにしたみたいです。こんなの初めてなので驚きました。やっぱり騒動の後ですね…。実際、同行者の中には國立が入ってないチケットを持っている方もおられましたから、そういう配慮からなんでしょうが、無駄にお金かかってる印象です。

 さて、東博敷地内に入るとまずは行列です。今回唯一の目玉と言って良いNo.229 翠玉白菜の列ですね…凄く列んでましたね。正直、北京故宮博物院200選の時の清明上河図巻ほど、何時間列んでも見たい!というモチベーションが持てなかったので、自分は行列を横目に見て、待ち時間180分というのを冷やかすくらいでした。確かに、翡翠白菜台北故宮を代表する文物であることは間違いないのですが、台北故宮を何度か見ている人間からすると、正直物足りなさは否めないのですが、それはまた置いておきましょう。
続きを読む 特別展「台北 國立故宮博物院-神品至宝-」1

あまちゃん ラスト

 と言うワケで、最後にスタジオパークで開催している、あまちゃん じぇじぇじぇー!展Part3で〆ましょう。

2013年9月21日 渋谷 NHKスタジオパーク あまちゃん じぇじぇじぇー!展Part3 NikonD3000で撮影

じぇじぇじぇー!展Part3
じぇじぇじぇー!展Part3

続きを読む あまちゃん ラスト

あまちゃん 故郷編

 と言うワケで、今度は興が乗ったので行ってしまった岩手県久慈市に旅行したときの写真。ウニ弁当は朝六時から列んでる上に限定20食だわ、休み取って平日に行ったら小袖海岸に行く手段がタクシーしかないわと、色々な問題はあったモノの、概ね楽しかったです。何より遠かった…。この一週間後に行ってれば久慈秋祭りでアキちゃんと夏ばっぱ見れたのかも知れないとは思うモノの、程よい人出だったので良かったのかも。

2013年9月13日 盛岡 JR盛岡駅 iPhoneで撮影

あまちゃん NHK盛岡放送局ポスター
あまちゃん NHK盛岡放送局ポスター

続きを読む あまちゃん 故郷編