NHKドラマ 蒼穹の昴 第六回 皇帝のお気に入り

 と言うコトで、今回は梁文秀活躍の回ですね。彼が慈嬉太后に《治平宝鑑》を講釈するのが見所ですね。話に出て来る孝荘太后太宗ホンタイジ皇后にして順治帝母后で同時に康煕帝祖母に当たる人ですね。…まあ、同時にドルゴンと恋仲にあったとか言われる人でもあるわけですが…。聡明だったとか、美人であったとか言われる人なんですが…。

《清史図典1》P.194

《清史図典1》P.194

 画像を見ると…なんだか、微妙…。頭は良いんでしょうけどね。

《清史図典2》P.175

《清史図典2》P.175

 一応、まだまとも?だと思われる画像をチョイス。晩年はガキ使いのおばちゃん浅見千代子)似の老女になっていくわけです…。あわわ…。
 で、原作に出てきたのかよく憶えてませんが、《治平宝鑑》と言う書物、どうやらいい加減にチョイスしたわけではなく、本当にある書物みたいですね。

  • 呉樵子 註訳 《治平宝鑑
  •  《治平宝鑑》は慈嬉太后勅撰の書物みたいですね。漢代から明代までの政治に参与した女性に関する歴史書…だったみたいですね。と言うワケで、慈嬉太后に《治平宝鑑》の講釈するというのも…なんだか釈迦に説法という感じもしますね。おまけに明末で記述が終わっているようなので、この本に孝荘皇后が出てくるかはちょっと微妙ですし…。

     ちなみに字幕では文皇后となっていましたが、《清史稿》などでは文皇后ですね。簡体字変換するときに間違えたんでしょうが、国営放送がカッコワルイ。

    NHKドラマ 蒼穹の昴 第四回 皇后選び

     と言うワケで、今週は親政を睨んでの光緒帝選秀女=皇后選びですね。ここで有名な珍妃登場です。
     ドラマの中でも、光緒帝徳馨の娘二人の美貌にぽわわ~んとなって危うく未来の皇后の象徴である玉の如意を渡しそうになったのを、慈嬉太后が『皇上!』と、一括して弟・桂祥の娘=姪の靜芬ドラマでは喜子になってましたが…)に渡すように促してましたね…。この一件で慈嬉太后徳馨の娘二人に危機感を抱いたため、代わりに長敘の娘二人に荷包を押しつけた…要するに貴嬪として宮中に招いたわけですね。
     当然、靜芬は後の隆裕皇太后長敘の娘二人は後の瑾妃珍妃です。

    故宮周刊 第三十期 第一版→劉宮女の証言では南海で撮影されたという

    故宮周刊 第三十期 第一版→劉宮女の証言では南海で撮影されたという

     悲劇性と茶目っ気のある挿話が相まって、人気のある珍妃も絶世の美女とされる事もあるのですが…。男装して光緒帝に侍っているところを臣下と謁見しても、お付きの若い宦官ぐらいにしか思われなかったみたいなので、人目を引く容姿ではなかったのかも知れません。
     と言うワケで以前にも出した珍妃?と言われる画像を再掲。

     あと、乾隆帝が登場。一神教の神様かよ!という感じの登場でしたが、光緒帝の初夜にデバガメするような茶目っ気はなさそうですね…。壽皇殿は歴代皇帝を祀った場所なので、ああいう感じの使い方で良いんだと思います。でも、壽皇殿景山の麓にあるんですがそんな感じの描写ではなかったですね。

    若き日の乾隆帝 郎世寧画?

    若き日の乾隆帝 郎世寧画?

     今回は乾隆帝の若かりし日の肖像画上げておきます。皇帝肖像画には落款が無いので普通は作者は分からないのですが、あまりにも独特なタッチなので間違えようがないので郎世寧です。

     一方、春児黒牡丹に弟子入りして京劇の英才教育を受けます。流石に京劇役者さんだけあってこういうシーンは映えますね…。正直驚きました。
     あと、王逸李鴻章麾下への転属ってこんなに早かったかなぁ…と。順桂に比べて王逸の出番が少ないような…。

     と、来週は漸く春児の入内…じゃない宮中入りですね。

    Googleさんがキレた

     ニュースを見て試してみた。

    Google中国で天安門事件画像がザックザク!

    Google中国で天安門事件画像がザックザク!

     ええ~?

    Google中国でダライ・ラマ画像がザックザク!

    Google中国でダライ・ラマ画像がザックザク!

     ほんとだ!

    Google中国で雪山獅子旗画像もザックザク

    Google中国で雪山獅子旗画像もザックザク

     これも!

    キョック・バイラックも画像でウハウハ

    キョック・バイラックも画像でウハウハ

     これまでも!

    コレも出てくる法林功

    コレも出てくる法林功

     スゲーなぁ…。やり放題だ…。

     今まで中国での検閲の受け入れる等、屈従外交を強いられていたGoogleさんがいよいよキレた…。でも、一企業が中国から撤退と言うだけで凄いニュースだなぁ…。やはり自分の中ではGoogleさんは東インド会社(オランダもイギリスも)とイメージがかぶるんだけどなぁ…。

    追記:A new approach to China
    訳文のある記事→Google、中国からの大型サイバー攻撃に中国市場撤退も
     一応Google公式Blogも上げときましょう。とりあえず、中国の精鋭スーパーハカー相手でもG-mailのセキュリティーは抜けなかった!という良い宣伝には…なるのかなぁ…。

    NHKドラマ 蒼穹の昴 第二回 母と子

     と言うワケで第二回です。ドラマ版では春児玲玲が孤児になってて、梁文秀の実の母に育てられたので、なんだか義兄弟になりましたという改変にポカーン。春雷にいちゃん…いないことになっちゃったよ…。

     と言うコトで今回は前回話が出た光緒帝の親政へ向けて、垂廉聴政から訓政に移る過程…ですね。
     大清…というかダイチン・グルンは早くから漢化されて、乾隆年間頃には満洲人漢人とほとんど変わらなかった!とか言われがちですが、それこそがダイチン・グルンが腐心して支配下の漢人に植え付けた”中国”イメージによるモノです。満漢合壁勅旨なども、満文漢文と同じ事が書かれているだけだ!なんて思われがちですが、最近のマンジュ語研究ではマンジュ語の文章の方がより詳細で、具体的な内容であることが分かってきているようです。このドラマが言うように、漢人を信じるな!的な事はほんとにあったみたいなんですよね。

    《清史図典 第十一冊 光緒 宣統朝 上》紫禁城出版 P.6

    《清史図典 第十一冊 光緒 宣統朝 上》紫禁城出版 P.6

     実際、清朝は歴代、科挙制は残されて、漢人にも相当な権力があったように誤解しますが、あんまり軍事権や行政権の大権は漢人には貸与されていませんし、満洲人八旗以外の漢人と婚通することも無かったようなので、通常考えられているよりもずっと漢化していなかったりするようです(実は、新中国になってから満人…とされているのは、満洲八旗はもちろん、漢人八旗、蒙古八旗を含む旗人だったりする。旗人間では通婚が盛んで生活様式も旗人様式と言えるモノだった模様。なので、遺伝的には漢人の血は入っている)。
     本当の意味でダイチン・グルン漢化したのは実は慈嬉太后西太后)の頃だったのではないか?と個人的には思っています。慈嬉太后は治世の前期こそ、恭親王奕訢をはじめとする満洲貴族を頼ったモノの、清末の国難に対して軍事の大権を曾国藩李鴻章左宗棠などの漢人官僚に与えました。光緒帝戊戌変法の際には康有為梁啓超漢人に頼りました。劇中に出てくる栄禄満洲人ですが、やはり実力的には李鴻章らと比較すると、ちょっと見劣りするのが事実…。
     最終的には宣統帝溥儀満洲人蔑視…と言っても良いくらいの不信感に繋がっていくわけです。実は国父摂政王 醇親王載灃が組閣した、清末満洲貴族の内閣は、満洲復古の目から見れば、いつ裏切るか分からない漢人の手から、信用のおける満洲貴族に大権を戻す試みだったわけです。結局、その試み自体は辛亥革命で頓挫するわけで、時期をわきまえないお坊ちゃんの誇大妄想だの、民情を顧みない暴挙だのと後世からは言われるワケです。漢化からダイチン・グルンを復活させるため…と考えれば、非難されるべき施策ではないんですが、ちょっとやり方は拙かったんでしょうね。結局、醇親王・載灃はあんまり良いところを見せることなく、一度は追放した袁世凱に頼って、結局はダイチン・グルンを滅亡させたワケですから、よく言われることはないんですけどね…。
     ちなみにこのドラマに出てくる、光緒帝の父親である醇親王・奕譞はもちろん、宣統帝・溥儀の父親である醇親王・載灃の父親でもあります。光緒帝醇親王・載灃は兄弟ですから…。
     と、ドラマの関係ない系図漢化の話するくらいですから、あんまり大した感銘を受ける回ではなかったと言うコトです。安徳海は実在の人物ですが、慈嬉太后の不興を買って処刑されたわけではなく、同治年間慈嬉太后の助命嘆願を無視されて、官僚に処刑された太監なんですけどねぇ…。
     あ、あと珍妃は新しいモノ好きで、紫禁城に最初にカメラを持ち込んだのは珍妃だとも言われています。コスプレして光緒帝とのツーショットを宦官に撮らせたとも言われていますが、現像された写真の実物はありません。光緒帝の肖像も写真のモノは残念ながらありません。なので、もっとも有名な朝服図でも貼っておきます。

    NHKドラマ 蒼穹の昴 第一回 紫禁城

     と言うワケで、NHK-BS hiで01/02から始まった辮髪ドラマ、『蒼穹の昴』です。………。NHK北京華録百納影視有限公司との共同制作で、全二十五回。文庫本四冊の話をどうドラマ化するんだろうとは思っていたものの…。これはちょっとなんだか残念な感じがするんですが…。

     とりあえず、時系列がビュンビュン飛ぶので春児李春雲)・玲玲兄妹と梁文秀の関係を書いておかないと、後々面倒というか『中原の虹』で出てくる李春雷の立場が無いというか…。
     あの一話目では分かりづらいのですが、小説では春児玲玲兄妹は極貧家庭で糞拾いをして生計を立てていました。梁文秀春児らの家の近所に住む富豪の息子ですが、春児と意気投合して義兄弟になります。もちろん、大哥とか呼ばれてても春児玲玲兄妹と梁文秀には血のつながりはありません。
     と言うか、科挙を受けるまで梁文秀は血反吐吐くような辛い思いをしたはずなんですが…。ああいう風にサラッとやられちゃうと、状元になって泣き叫んだり出来ないと思うんですが…(ドラマ版でカットされるとそれはそれで泣ける…)。
     また、春児の自宮シーンも何のこっちゃか分からないシーンになってしまい、悲壮感がまるで沸いてきませんね。あそこって、性器を自ら切り取る!という実にクレイジーな博打を打たないと、生活出来ないという没法子どーしよーもない)さが伝わってこないというか…。
     まあ、田中裕子は元々似てるので慈嬉太后は安心して見れます。光緒帝とか隆裕皇后とか李蓮英あたりの人たちは…まあ外してはいないと思うんですけど、この調子で李鴻章とか袁世凱とか出てきたらなんだか、『坂の上の雲』に出てきた人たち使えば良かったのに…と言うコトになりかねませんね…。あと、珍妃隆裕皇后並に面白い顔だったらどうしようかしら…とか、そもそも珍妃いないことになってたらどうしよう…とか言う不安が拭えんワケですが…。
     辮髪的には貧乏人表現なんでしょうけど、春児が今時珍しいGガン東方不敗のような髪型だったのがいただけないのですが…。まあ、後々太監になって宮殿に入る頃にはビッチリ剃り上げるんでしょうけど、もうちょっと草ボウボウみたいな髪型で汚らしくないと説得力がないというか…。というか、何で吹き替えじゃなくて字幕なんだろうと思いつつ(台詞と訳の違いに若干のイライラ感がつきまとうので…)、期待します。漢語音声が入ると、それはそれで何で光緒帝慈嬉太后のことを親爸爸なり老仏爺と呼ばないんだろうとか、宦官以外もみんながみんな奴才って言うのはどうだろうとか、色々言いたくもなるんですが…。

     ともあれ、新春大型辮髪ドラマですし、大好きな小説原作のドラマなんで、最終回まで追っかけます。

    コスプレ写真

    コスプレ写真

     写真1中央は周りに”老仏爺”と呼ばせた慈嬉太后観音コスプレ写真です。ちなみに右で合掌している人物が総管太監李蓮英です。で、ちなみに左は慈嬉太后お気に入りの親族・四格格徳齢公主(笑)の著書によると、慈嬉太后の写真は全て徳齢の兄である勲齢が撮影した…と言うコトですから、この写真も勲齢が撮ったものでしょうか…。

     ちなみに日中合同制作なので、《苍穹之昴》とかで検索すると大変なコトになってしまいますね…。
     あと、ミセス・チャン役の殷桃って范冰冰に似てるんですが、ああいう顔が大陸の人気女優なのだなぁ…と納得。この人他のドラマで楊貴妃やってるみたいですね。

    1. 《故宮珍蔵人物照片薈萃》紫禁城出版P.43
    1 10 11 12 13