国際交流特別展「北宋汝窯青磁 – 考古発掘成果展」

 と言うワケで、帰省ついでに大阪市立東洋陶磁美術館で行われている国際交流特別展「北宋汝窯青磁 – 考古発掘成果展」を見に行ってきました。他にも色々展示会があったのに、このチョイスというのもまた…。

 そもそも、大阪市立東洋陶磁美術館には水仙盆と称される青磁楕円盆が収蔵されているわけですから、こういう展示なら確実に出てるだろうから…と足を運んだわけですが、これが大当たりでした。汝窯の印象がかなり変わりました。
 最近は汝官窯とは言わずに、汝窯って言うんですね。官用品も献上していたけど、民間にも供出していたよ?と言う程度の意味合いだと思います。
 長年汝窯はその窯址が不明とされて、その完成度の高い製法とともに謎の多い磁器とされてきたわけですが、2000年の発掘で出土した天青釉の陶片が伝世品の汝窯磁器と基本的に同じ成分と確認され、河南省宝豊県清涼寺窯址がまさしく汝窯そのものだと断定されたみたいです。この辺知らなかっただけでも自分かなりへっぽこですねぇ…。
 更に、近隣の張公巷窯跡でも青磁陶片が出土していて、こちらはいくらか時代が下って金代元代と見られているようですが、いずれにしても天青釉を使っていたみたいですね。今回の展示は清涼寺窯址張公巷窯址から出土した天青釉青磁を中心とした発掘品がメインです。
 
 №01:匣鉢、№02:支焼器座、№03:墊圏、№04:墊餅、№16:色味片、№18:内模、№20:外模などは流石は発掘物というか、焼成過程で使われる器具ですね。発掘品ならではですからワクワクします。特に色味片汝窯独自の器具らしく、温度によって釉薬の色合いが異なるために、色見本を置いて焼き具合を確認したようです。なるほど。

 伝世品の汝窯青磁は基本的に器の形は単純で、刻花磁器に彫刻を施してから釉薬を塗って焼き上げる製法)や印花磁器にスタンプのような型を押して模様をつけて釉薬を塗って焼き上げる製法)はないので、のっぺりした形が汝窯のスタンダードとされていたわけですが、出土品はこれまでの汝窯像を大きく覆すモノでした。
 №32:青磁印花花蓮弁文碗や№51:青磁印花花蓮弁文器蓋には大きく二重の蓮文を描かれ、№46:青磁刻花龍文瓶や№:63:青磁刻花龍文盆片、№73:青磁印花龍波濤文鉢、№87:青磁印花龍文盒では龍を、№75:青磁印花龍蓮弁文鉢片ではその両方が描かれています。これだけでも今までの汝窯青磁の印象と大きく異なります。
 更に№57:青磁透彫香炉、№58:青磁鴛鴦形香炉蓋や№59:青磁龍刑香炉蓋片、№60:青磁獅子形香炉蓋片等に至っては立体物で、多くのモチーフは動物です。これも今までの汝窯青磁にはないイメージです。
 それにしても、これだけ天青釉青磁を見ても、どれ一つ同じ色合いの青がないんですよね…。黄色っぽいモノから緑色っぽいモノ。乳白色で貫入が見られないモノから、ガラスのような質感で貫入が見事なモノ、鱗のような貫入が入ったモノなど様々です。
 今まで、台北北京で見た伝世品の汝窯青磁がそれぞれ一つ一つ印象が違いすぎるのが、自分の中で疑問でした。一体天青釉というのはどの色合いが正解なのか?もしくはこれだけ釉色が違うのならフェイクが混ざっているのだろうか?何度見ても唸るばっかりで分からなかったわけですが、今回の展示で疑問も氷解しました。天青釉は本当に偶然の産物なので、色合いが異なるのは当然なんですね。本当に一つとして同じ色合いの器がありませんでした。同じ場所からの出土品ですからこれくらいハッキリした証明はありません。
 ただ、天青釉の色合いの正解は分かりません。どのような色合いが高い評価を得たんでしょうか…。ただ、自分はこの展示の中では№39:青磁洗が一番好きな青でした。貫入もきれいに入っていますし、見事なスカイブルーです。残念ながら土がくっついているために失敗作とされたようですが、おかげで発掘されたのだと思うと、実に眼福です。あと、№47:青磁瓶の胴体部分も見事な青でした。肩のあたりがエメラルドグリーンになっているのは好みによるんでしょうけど、自分は好きです。日本では砧形瓶と呼ばれる形の瓶ですが、この形自体は西アジアガラス瓶にルーツがあるようです。特にこの瓶の釉薬はガラスっぽいんですが、それも西アジアガラス瓶と関係があるようです。

 で、いよいよ最後には特別出品:青磁楕円盆です。所謂水仙盆ですね。なんでも清代では”猫食盆猫のえさ入れ)”とか”猧食盆子犬のえさ入れ)”と呼ばれたようですから、そういう用途で使われたようです。北宋当時の使用用途は不明ですが、漆器を模したものでおそらくは宮廷什器として使用されたと言うコトです。花を活ける盆ではなかったようですね。

 更に、参考として大阪市立東洋陶磁美術館収蔵の高麗青磁も展示されていました。今回の発掘品から高麗青磁は普段考えられていたよりも、より汝窯の影響を受けていたと言うコトが分かりますね。発掘品の本来の形を想像する上でこれほど有益な比較もないですね。不勉強で高麗青磁は象嵌ものという印象が強かったんですけど、そればっかじゃないんですね…。勉強になりました。

 今回の展示はとにかくキャプションが丁寧で、感心し通しでした。石膏を使って復元している磁器もあるのですが、中には青磁に色を似せた形で復元した磁器もあったのですが、キャプションで一々その旨断っていたのも好感が持てます。特に№46:青磁刻花龍文瓶などは本来の釉色を見極めづらく、唸っていたらキャプションに説明があって納得しました。このキャプションが入った上に、展示している図版や表などを効果的に取り込んだ図録は、多分、今まで見た展示の図録の中でも頭抜けて良い出来だと思います。ほんと、物販コーナーでもっとプッシュして売るべきです。この展示を見て感銘を受けた人なら買って損はありません。デザインも良いですし、内容も充実、図版もきれいで文句がつけられません!特に歴代の史書から汝窯青磁についての記述を抜き出した汝窯関連主要歴史史料は圧巻です。ほんの一部だけ展示されてましたが、これだけ揃えられると圧巻です。乾隆帝の見識が評価されていたのが意外でしたが…。
 この図版はもっと目立つところに置いて欲しかったです。チケット売り場に目立たないように置いてましたよ…。

国宝 土偶展&聖地チベット展

 と言うワケで、久しぶりにオフ会開いて上野で土偶展聖地チベット展見てきました。両方ともそんなに大きな展示ではなかったのですが、ダブルヘッダーは流石にきつかったです。
 毎度考えているとおりに、やはり立体物って実物を見ないと形が分からないですし、大きさも実物見ないとイメージできないモンですね…。まあ、贅沢を言えば発掘風景の写真があればなお良いんですが…。
 土偶展は時代も発掘場所もまばら…なのをテーマ別に無理矢理アラカルト風に集めてみました~風の展示であまり感心しませんでした。まあ、土偶の逸品を集めるとああなるんでしょうけど。それでも遮光器土偶ハート型土偶などの有名どころも押さえたキャッチーな展示でした…。数は少なかったんですが、粒ぞろいだったと言うコトですね。
 聖地チベット展は…当方チベット仏教にさして詳しくないことから、様々な金属製の仏像を眺めるだけになってしまい些か遺憾。まあ、それでも立体物が多いことには変わらなかったわけですが、博物館の外に待機していた雪山獅子旗の方が余程気がかりで…。

 うーん。何にせよ色々楽しめるように努力が必要だな。

普渡寺=睿親王府

 と言うワケで、2008年11月に北京に行った際に観光した場所の第二段。このときの旅のテーマである普度寺睿親王府です。

結構見かけない様式の建築

結構見かけない様式の建築


 で、この普度寺、元々明代には皇城東苑とか小南城とか言われておりました。皇太子が居住する重華宮という宮殿だったようですね。有名なところでは土木の変後、北京に送還された正統帝がこの宮苑の敷地内にあった崇質宮景泰帝に幽閉されたとか言われてます。まあ、天順帝になってまた皇城に戻るわけですけど。

あんまりかっこよくないドルゴン像

あんまりかっこよくないドルゴン像

 で、清初には睿親王ドルゴン重華宮を府邸を定めました。大体、世襲鉄帽子王家でも北京内城府邸を置くことはあっても、ドルゴンのように皇城内に府邸を置くことはその後もありませんでした。北京に入場した際に一時的に武英殿で玉座についたというのも肯けますね。ドルゴンが執政した当時は夜になっても車馬が絶えることが無かったと言います。

民家一つ分高い基壇の上に建ってます

民家一つ分高い基壇の上に建ってます

 で、どの文献を見ても「睿親王府は土台が高く、宮城が見渡せた」という類のことが書いてあるんですが、今ひとつピンと来なかった訳です。ちなみに、この高台皇城と秘密の通路でつながっている…という類の伝説もあるみたいですね。その通路を通ってドルゴン紫禁城睿親王府を行き来したとか言うコトになってるみたいです。

車と比較すると基壇が相当高い

車と比較すると基壇が相当高い

 ご存じの通り、ドルゴンは齢三十九という若さで狩猟中に死去した後、順治帝により大逆の罪に問われて睿親王家王位は剥奪されて、皇籍からも抹消されました。

山門の中が睿親王府と普度寺関連の展示室です

山門の中が睿親王府と普度寺関連の展示室です

 この時、府第も没収されたのですが、一時は皇帝と同様に義宗という廟号までドルゴンは追号されていますから、その後王府は再利用されることは無く、次第に荒れてゆきました。
 で、順治帝の短い治世が過ぎて康煕帝の御代になると、元々冤罪であったドルゴンの名誉回復が行われ、次いで睿親王府跡もモンゴルから招来したマカカラ仏大黒天を祀る嗎噶喇廟に改装されました。

マカカラ仏の残骸らしきモノの展示

マカカラ仏の残骸らしきモノの展示

 更に乾隆年間に修築されて嗎噶喇廟普渡寺もしくは普度寺と改称されます。ちなみに《乾隆京城全図1では啞滿逹■嘎廟2となっています。

使い勝手良すぎ今の学生恵まれすぎ

使い勝手良すぎ今の学生恵まれすぎ

 おそらく、普度寺に改称される前の地図なんでしょうけど、嗎噶喇廟と音通…と言いたいけど言えないような字面ですね…。それにしても、ディジタル・シルクロードが公開している《乾隆京城全図》のGoogle Earth版古都北京デジタルマップの使いやすさは異常です。

ちなみにドルゴンは鑲白旗の旗王です

ちなみにドルゴンは鑲白旗の旗王です

 《日下旧聞考3によると、乾隆年間普度寺にはマカカラ像とともにドルゴンの遺品(武具など)が安置されていたようです。その後、国家の庇護の元、清末まで普度寺は広大な境内を所有しつつ、《天咫遇聞4によると、マカカラ像らしき仏像とドルゴンの遺品とともにかれの護衛兵というかバートルの像も残っていたという記述があります。

おされシティー

おされシティー

 しかし、さしもの普度寺辛亥革命後は廃れていきます。中共成立後にはついに南池子小学校の校舎として使用されたようです。文革の被害とも無縁ではなかったはずです。少なくとも1980年代には辿り着くのも難しい様なごちゃごちゃとした胡同の中にあったようで、中の建築はお世辞にも良い保存状態ではなかったようです5

北京税務博物館(月曜休館)

北京税務博物館(月曜休館)

 その後、1990年代の改革開放とともに徐々に整備され、2007年05月16日に北京税務博物館として一般公開されるに至ったわけです6。自分が行った時には周りも景観区としてかなり整備されいて、迷うかと思ってビクビクしながら探したら意外にも一発で発見できました。…もっとも、定休日で北京税務博物館として解放されている本殿には入れませんでしたが…。

看板ドーン!

看板ドーン!

 正直、叡親王ドルゴンに思い入れが無い人にお勧めできるほどすばらしい観光地ではないのですが、ドルゴンと聞いてピンとくる方は是非訪問してはいかがでしょうか?タダですし…。

本殿の基壇自体も高い

本殿の基壇自体も高い

  1. ディジタル・シルクロード – 文化遺産のデジタルアーカイブ
  2. ディジタル・シルクロード > 古都北京デジタルマップ > 地名検索
  3. 于敏中等編日下旧聞考》北京古籍出版 巻四十 皇城
  4. 震鈞《天咫遇聞》北京古籍出版 巻一 皇城
  5. 阿南・ヴァージニア・史代/小池晴子『千年の都北京 樹と石と水の物語』ランダムハウス講談社 P.97 「〈大黒〉を祀る石の基壇」
  6. 北京税务博物馆向社会免费开放