『大清帝国の形成と八旗制』メモ1 ─八旗を構成する氏族─

 と言うワケで、杉山清彦『大清帝国の形成と八旗制』名古屋大学出版会 をツラツラ読んでいました。要するにヌルハチからホンタイジに至るまでの「ダイチングルン」と「八旗制」については、おおよそこの本だけで用が足りてしまう素晴らしい本です。自分にとっては飛ばし読みすることが出来ない、中身の詰まった良著でした。個人的な感想にはなりますが、巻末の参考文献だけでも買う価値はあります。およそ、八旗制度についてはこの本を読むことがこれからの研究の原点となるはずです。これハードル高いわーどうすんだろホント。

と言うコトで、この項は自分の個人的な備忘録です。こんな事書いてましたよーと言う目安にでもどうぞ。

表1-2

西暦年号正黄旗鑲黄旗正白旗鑲白旗正紅旗鑲紅旗正藍旗鑲藍旗
1619天命4エイドゥアドゥンホホリヤングリドビボルジンムハリヤン
1620天命5
1621天命6フルガンアバタイタングタイジルガラン
1622天命7アブタイイキナ?スバハイ
1623天命8ブサンホホリ?トボホイ?
1624天命9
1625天命10
改換鑲白旗正白旗正黄旗鑲黄旗
1626天命11チェルゲイカクドゥリナムタイダルハンホショトゥボルジントボホイグンサタイ
1627天聰元トゥルゲイ
1628天聰2
1629天聰3ユンシュン
1630天聰4イルデン
1631天聰5レンゲリイェチェンセレフィヤング
1632天聰6
1633天聰7
1634天聰8アサンナムタイイェクシュ
1635天聰9
改換正藍旗鑲黄旗
1636天聰10
崇徳元
トゥルゲイタンタイダルハンドゥレイバイントゥ
1637崇徳2
1638崇徳3
1639崇徳4イングルダイアイドゥリ
1640崇徳5イェクシュ
1641崇徳6
1642崇徳7ホロホイ
1643崇徳8ドゥレイ
改換正白旗鑲白旗
1644順治元イングルダイアサンバハナバドゥリ
i

 表は割愛…しますがと言うワケで、表入れました(2015/04/08追記)、凄い…。阿南惟敬センセの労作である「清初固山額真年表考」の入関前の八旗グサエジェンの表がアップデートされてますね。

参考:清初固山額真年表考

西暦年号正黄鑲黄正紅鑲紅正白鑲白正藍鑲藍
1620天命5逹爾漢轄阿敦湯古代博爾晉轄棟鄂額駙阿巴泰穆喀連済爾喀朗
1621天命6逹爾漢轄阿敦湯古代博爾晉轄棟鄂額駙阿巴泰穆喀連済爾喀朗
1622天命7逹爾漢轄阿布泰湯古代博爾晉轄棟鄂額駙阿巴泰穆喀連蘇巴海
1623天命8逹爾漢轄逹爾哈布山博爾晉轄棟鄂額駙楞額礼?托博輝?顧三台
1624天命9車爾格逹爾哈棟鄂額駙博爾晉轄楞額礼?托博輝?顧三台
1625天命10車爾格逹爾哈和碩図博爾晉轄楞額礼?托博輝?顧三台
1626天命11車爾格逹爾哈和碩図博爾晉轄楞額礼?托博輝?顧三台
1627天聰元納穆泰逹爾哈和碩図博爾晉轄喀克篤礼車爾格托博輝顧三台
1628天聰2納穆泰逹爾哈和碩図雍舜喀克篤礼図爾格托博輝顧三台
1629天聰3納穆泰逹爾哈和碩図雍舜喀克篤礼図爾格托博輝顧三台
1630天聰4納穆泰逹爾哈和碩図雍舜喀克篤礼図爾格托博輝顧三台
1631天聰5楞額礼逹爾哈和碩図葉臣喀克篤礼伊爾登色勒篇古
1632天聰6楞額礼逹爾哈和碩図葉臣喀克篤礼伊爾登色勒篇古
1633天聰7楞額礼逹爾哈和碩図葉臣喀克篤礼伊爾登色勒篇古
1634天聰8楞額礼逹爾哈葉克舒葉臣喀克篤礼伊爾登色勒篇古
1635天聰9楞額礼逹爾哈葉克舒葉臣阿山伊爾登色勒篇古
1636天聰10
崇徳元
譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1637崇徳2譚泰拜尹図杜雷葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1638崇徳3譚泰拜尹図杜雷葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1639崇徳4譚泰拜尹図杜雷葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1640崇徳5譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1641崇徳6譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格逹爾哈篇古
1642崇徳7譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格何洛会?篇古
1643崇徳8譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格何洛会?篇古
1644順治元譚泰拜尹図葉克舒葉臣阿山図爾格巴哈納篇古
ii

 …こうしてみるとかなり違いますね…。何で入関前の表なのかというと、順治元年以降は《八旗通志》に表があるからですね(当然、乾隆以降は有りませんが)。で、この表だとちゃんと崇徳末年の正藍旗のグサ エジェンアイドゥリになっていて、グッとテンション上がります。てか、天聰元(1627)年と天聰9(1635)年と崇徳8(1643)年の換旗含めてかなり手が入ってますね。これは便利です。ただ、年代が西暦だけ付されているので、正直却って見づらいです(なんで、引用するに当たって年号を入れました)。

(1)正黄旗(中略)
 このヌルハチ=ドルゴン軍団のグサ=エジェンは、実に三朝、四半世紀にわたって、ニュフル氏エイドゥ家とジャクム地方タタラ氏一族の両家によって独占されていたのである。iii

 ヌルハチ時代の正黄旗ホンタイジ時代の鑲白旗の構成に関するまとめ部分。天聰以後、グサ エジェンニュフルエイドゥ家のチェルゲイトゥルゲイイルデンに独占されていました。彼らは供に同母兄弟だったようですが、皆アジゲの属下にいたようです。しかし、後にアジゲと対立したエイドゥ家が鑲黄旗に移籍した後は、ジャクム地方タタラ氏のイングルダイグサ エジェンを務めています。イングルダイドルゴンの腹心中の腹心であるだけで無く、ホンタイジからの信任も篤く、かつアバタイの娘婿でもあります。

図1-1iv

 これも図は割愛しますが、ヌルハチ期に活躍したものの、後に失脚したために伝が残らない、鑲黄旗グサ エジェンアドゥン(Adun 阿敦)と正黄旗グサ エジェンブサン(Busan 布山)がイングルダイと同族のジャクム地方タタラ氏であることを史料を示して明らかにしてます。更にアドゥンブサンの兄弟はヌルハチ生母である宣皇后ヒタラ氏の妹の子で、ヌルハチとは従兄弟に当たることを指摘しています。グレイト。しかし、ブサン天聰3(1629)年に間諜を引き入れて匿ったとして失脚して監禁され、アドゥンは…アドゥンは何かよく分からんけど失脚したので、兄弟揃って《満洲原檔》段階で事績が削除されたようですね。なもんで、独立した伝が《八旗通志》や《八旗満洲氏族通譜》などに立てられなかったので、出自のよく分からない人になっていたようです。

(2)鑲黄旗(中略)
 すなわち鑲黄旗は、マンジュ譜代の大族ジャクム地方タタラ氏・マチャ地方トゥンギャ氏・ムキ地方イルゲン=ギョロ氏と、外様衆きっての名門であるフルンのウラ=ナラ氏、ウェジのナムドゥル氏が固めていたのである。v

 これはヌルハチ時代の鑲黄旗ホンタイジ時代の正白旗に関するまとめ部分です。天聰以後、グサ エジェンウェジナムドゥル氏のカクドゥリムキ地方のイルゲン ギョロ氏のアサンが務めてますね。ウラ ナラ氏のニル鑲黄旗正白旗に所属していたみたいなので、ホンタイジ崩御後にウラ ナラ氏のマンタイの息子・アブタイドドが私的に会合していたと言うのも、甥と叔父というだけで無くて、旗王とその属下のニルの有力者と言う側面が大きいわけですね。アブタイはかつて自分の娘とドドの婚姻を上げてホンタイジに処罰を受けていますが、ドルゴンでは無くドドと縁が深いのもこのあたりでしょうね。

 このドンゴ氏の世系については、これこそが左衞ギョロ氏の嫡流であることを隠蔽しようとしたためか、『通譜』はホホリの先世を記さず、『満洲実録』によって祖父が知られるのみである。しかし、伝記史料を博捜した増井の考証によれば、『通譜』で「国初来帰」として平凡に列挙される「Nikan Aita 努愷愛塔」なる人物が、実はホホリの世代より六代を遡って明中期に比定される、事実上の始祖であるという(図1-2)。vi

 この本読んで始めて知ったんですが、五大臣ホホリの出身氏族、ドンゴ氏は実はドンゴ地方ギョロ氏でギョロ氏の嫡流だったと言うことですね。ともかくアイシン ギョロ氏の方が傍流って事のようで、それを隠蔽したんじゃ無いかって話です。元々ヌルハチ自体がそんな大族の出身ではないってことは、当然こう言うこともありうるんでしょうねぇ。ともあれ、このドンゴホホリは元々は正白旗に配属されたようですが、ダイシャンの同母姉妹を娶った関係で正紅旗に転属されています。かつ、ホホリの子供であるホショトゥ エフドゥレイはそれぞれダイシャンの娘を娶ってこれも正紅旗に配属されています。一族ごと縁故を元に転属したということですね。

(3)正白旗(中略)
 ホホリ転出後の正白旗グサ=エジェンは不明だが、ホンタイジが即位すると、以後シュムル氏のヤングリ一門が歴任している。すなわち、レンゲリ(Lenggeri 楞格理)・ナムタイ(Namutai 納穆泰)はその弟、またタンタイ(Tantai 譚泰)はその従弟に当たる。ヤングリの一門はクルカ部長の名家で、彼は「奴酋之最親信者」(『建州見聞録』)といわれ、五大臣に次ぐ重臣として活躍した。ヤングリ家はサルフ戦の時期は鑲白旗に属していたようだが、天命後期には正白旗に移っており、以後その一門が新ハンの直属軍団の長を独占しているのである。vii

 と言うワケで、ヌルハチ時代の正白旗ホンタイジ時代の正黄旗の構成ですね。コメントに困りますが…。

(4)鑲白旗(中略)
 鑲白旗は当初チュエンの遺子ドゥドゥが領しており、(中略)このときは右のヤングリがグサ=エジェンを務めていた。その後、一六二一年以降はヌルハチの庶子アバタイ(Abatai 阿巴泰)が任に就き、天命後期にドゥドゥが鑲紅旗に移されると、アバタイが旗王に昇格した。
 代わってグサ=エジェンにはゴロロ氏(Gorolo 郭絡羅)氏のダルハン(Darhan 逹爾漢)が就任し、以後十五年にわたって在任する。viii

 と、流石にこの本でも全てのグサについてどこの氏族が…って感じになってないんですよね。ゴロロ氏が中核になっているんでしょうが…。ホンタイジ時代に鑲黄旗正藍旗とシャッフルしてますから確認するのは難しいんですが。

 この軍団は天聰に入ると鑲黄旗と改称してホーゲが入封し、さらに一六三五(天聡九)年の正藍旗の獄に伴って新正藍旗となったが、見かけ上の変化に関わりなく、引き続きダルハンが在任した。(中略)
 なお、ダルハンの後任となったホロホイ(Holohoi 何洛会)は、順治前期のドルゴン摂政期にとりわけ活潑に活動する人物であるが、それが仇になってドルゴン没後に失脚・処刑され、氏族さえも分からなくなってしまった。しかし、その父アジライ(Ajilai 阿吉頼)の代からヌルハチに仕えてニルを領し、ホロホイ自身は専管ニル分定にも与っており、これも成り上がりということは考えられない。ix

 で、順治元年にホーゲを告発するホロホイについてのことが書かれてますね。ホロホイホーゲに伴って鑲黄旗から正藍旗に移籍し、グサ エジェンになってますから、ホーゲホロホイのことを腹心中の腹心だと思っていたでしょうね…。婚姻関係確認したいところですが、ホロホイドルゴン失脚後すぐに順治帝に処刑されてますし、その辺の痕跡は恐らく残ってないんでしょう。てか、順治帝はどうにも異母兄ホーゲを特別視していたようで、ドルゴン失脚後に真っ先にやったのが、ホーゲ肅親王復位と継子フシェオへの継承、ホロホイの断罪ですから、推して知るべしですね…。

(5)正紅旗(中略)
 このようにダイシャン領旗のグサ=エジェンは、一族有力者・庶子と言ったアイシン=ギョロ氏一門、ドンゴ氏嫡系、ウェジ諸路首長家と、これも有力者が占めており、就中ホホリ家は旗王ダイシャンと緊密な通婚関係をも結んでいた。x

 ダイシャンが婚姻関係を通して領旗を掌握していた様子がわかりますね。

(6)鑲紅旗(中略)
建州左衛正系のドンゴ氏は、ドンゴ本部の部長ホホリ家が正紅旗、ワルカシ地方に遷居したリクドゥ一門が鑲紅旗にそれぞれ編成され、本部で伯仲する勢力を誇ったルクス家が正白旗に入ってそれぞれ首脳となったのである。
 これらワンギヤ・ドンゴ両氏はそれぞれ四ニルを領し、役職・領有ニルとも旗内で重きをなした。このように鑲紅旗は明初以来の建州衛・建州左衛の名門が首脳を構成したのである。xi

 個人的にはよく分からなかった両紅旗の構成員が分かったような気がします。

(7)正藍旗(中略)
改易以前の正藍旗は、明確に在任を確認しうる全員が覚羅出身であるという特徴をもつ。(中略)覚羅ニルについて専論した細谷は、当時の覚羅はハンの一門に連なるものとしての特権が全く窺われなかったことを指摘しており、かつてヌルハチに敵対的だったゆえに、ハンの領旗ではない紅旗・藍旗に配されたのではないかと示唆している。xii

 これは、ホンタイジによって解体される前の正藍旗についての記事デス。旗揚げ当初、ヌルハチは一族の協力を得られなかったというのはよく言われますが、制圧後には藍旗紅旗に配属されたと…。むしろ、覚羅が多く所属していると言うコトは、強みでは無く不安定要素だったのでは無いかと…ふむ。

(8)鑲藍旗
 鑲藍旗は、ヌルハチの同母弟シュルガチの領旗である藍旗に起源する。当初は二ベイレと称されたアミンが率い、その失脚後は、親ホンタイジ派で後の輔政王ジルガラン(Jirgarang 済爾喀朗)が継承して順治期に至った。この軍団の任用の特徴は、ジルガラン・フィヤング(Fiyanggū 偏古/シュルガチ第八子)・アイドゥリ(Aiduri 愛度礼/アミン次子)など、宗室シュルガチ一門から多く起用されていることである。(中略)すなわち、鑲藍旗のトップの座は、一門のシュルガチ王家と、外様のイェヘ=ナラ氏王族とが占めており、彼らは婚族でもあったのである。xiii

 康煕帝の時代には鑲藍旗マンジュの古風をよく残す旗として知れられるようになります。旗王が乱立した結果細分化してしまった両紅旗と、強力な旗王家が分家せずに宗室がその周りを固めた鑲藍旗は好対照ですね…。

 と、メモなんですが長くなるので、一旦切ります。

  1. P.55 年号は宣和堂が挿入。 [戻る]
  2. 阿南惟敬『清初軍事史略考』「清初固山額真年表考」P.263~264 年号は宣和堂が挿入。 [戻る]
  3. P.62 [戻る]
  4. P.60 [戻る]
  5. P.66 [戻る]
  6. P.66 [戻る]
  7. P.68~69 [戻る]
  8. P.69 [戻る]
  9. P.69~70 [戻る]
  10. P.71 [戻る]
  11. P.72 [戻る]
  12. P.72 [戻る]
  13. P.74 [戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください