旗王と八旗その3+メモ

 先日上げたヌルハチ期の領旗ですが…

ヌルハチ即位以前
黄旗⇒ヌルハチ直轄、グサイ・エジェン:エイヅ、アンバ・ジャルグチ:フュンドン
白旗⇒ベイレ:チュエン、グサイ・エジェン:ダルハン・ヒヤ
紅旗⇒ベイレ:ダイシャン、グサイ・エジェン:ホホリ
青旗(藍旗)⇒ベイレ:シュルガチ、グサイ・エジェン:ションコロ・バツル

 これに出て来るグサイ・エジェンとアンバ・ジャルグチってそうかなとは思ったけど、やっぱり五大臣スンジャ・アンバン(sunja amban)よね…。

五大臣
エイドゥ(Eidu 額亦都 別名:エイドゥ・バートル Eidu Baturu 額亦都巴圖魯):ニオフル(鈕祜祿)氏 鑲黄旗
アン・フィヤング(Anfiyanggū 安費揚古 賜号:ショコロ・バトゥル Songkoro Baturu 碩翁科洛巴圖魯i):ギオルチャ(覺爾察)氏 鑲藍旗
フュンドン(Fiongdon 費英東 別名:フュンドン・ジャルグチ Fiongdon Jargūci 費英東扎爾固齊):グワルギャ(瓜爾佳)氏 鑲黄旗⇒オボイの叔父
ホホリ:(Hohori 何和禮 別名:ホホリ・エフ Hohori Efu 何和禮額):トンギャ(佟佳)氏 正紅旗
フルガン(Hūrhan 扈爾漢 賜号:ダルハン・ヒヤ Darhan Hiya 達爾漢轄):ギョロ氏 鑲白旗

 当たり前と言えば当たり前ですが、グサイ・エジェンなりアンバ・ジャルグチ時代に属した旗にその後も属したみたいですね。

 この中のエイドゥフュンドンはゲレン=イ=エジェン(geren i ejen 八旗左右両翼の主)と言われたようですね。二人とも黄旗に属したみたいなので、一段上に上げられたみたいですね。これが十王亭八旗旗王の象徴なのに左翼王右翼王が別個に設けられて合計十王亭になったという根拠ですね。

 あと、ネットでフラフラしてたら天聰5(1631)年の六部設立時の旗王の担当とその部下が見つかったので、メモ。

工部 旗王:アバタイ(鑲黄旗?)⇒承政:ムンガトゥ(正白旗)・カンカライ(鑲藍旗)⇒啓心郎:ミオショホン(不明)
戸部 旗王:デゲレイ(正藍旗)⇒承政:イングルダイ(鑲白旗)・サビガン(正藍旗)⇒啓心郎=ブダン(鑲白旗)
刑部 旗王:ジルガラン(鑲藍旗)⇒承政:チェルゲイ(鑲白旗)・ソーハイ(鑲黄旗)⇒啓心郎=エルケトゥ(鑲黄旗)
吏部 旗王:ドルゴン(鑲白旗)⇒承政=トゥルゲイ(鑲白旗)⇒啓心郎=ソニン(正黄旗)
兵部 旗王:ヨト(鑲紅旗)⇒承政:ナムタイ(正黄旗)⇒イェクシュ(正紅旗)⇒啓心郎:ムチェンゲ(不明)
礼部 旗王:サハリヤン(正紅旗)⇒承政:ギスン(鑲黄旗)・バドゥリ(正白旗)⇒啓心郎:キチュンゲ(正白旗)ii

 各部の配置と旗にも色々思惑がありそうで調べるとおもろそうですが、次回の宿題ってとこですね…。

  1. ショコロは海東青を指すので、海東青バートル!意訳すると神鵰侠!! [戻る]
  2. 立命館文学 第619号 磯部淳史「清初における六部の設置とその意義 ―太宗の「集権化」政策の一例として― 」 [戻る]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。