前門の関帝廟

 今まで何となく買いそびれていた、内田道夫 編『北京風俗図譜』東洋文庫 を購入したので、パラパラ捲ってフムフム言ってます。オンデマンド版だと図版が大きくて些かお得気分です。なんか東洋文庫のサイズだと図版ちっこそうで躊躇していた部分はあるんですよねぇ…。で、寡聞にして知らなかったんですが、これ絵画部分は青木正兒センセが留学してた時に現地の絵師雇って書いて貰ったモノの様ですね。もっともこの本の肝は各画の解説部分にあるので、注釈を付けた内田道夫センセの本だと言うコトは間違いないんですけど。
 で、パラパラ捲っているとこんな記事に遭遇。

 神仏をまつる寺廟にも、それぞれはやりすたりはあるが、北京城内のそれは、いずれも整頓されたものが多かった。前門の関帝廟は『三国志』で有名な関羽の霊をまつるもので、鼓楼の関帝廟とともに人を集め、つつましやかな男女の神前にぬかずく姿が見られた。明の成祖永楽帝が蒙古王ベンヤシリを遠征したとき、関公が霊威をあらわし、砂塵煙霧のうちに、常に軍隊を誘導したと伝える(劉侗『帝京景物略』)。i

 かつての北京には至る所に関帝廟があったようですね。その中でも前門関帝廟は場所もあいまってランドマーク的な意味合いもあって大層人気があった模様です。で、上の記事で上げられてる《帝京景物略》が手元にあったのでパラパラ捲ってみたところ、確かに該当の記事がありますね。

關帝廟
關廟白古今、偏華夷。其祠於京畿也、鼓鐘接聞、又歳有増焉、又月有増焉。而獨著正陽門廟者、以門於宸居近、左宗廟、右社稷之間、朝廷歳一命祀。(中略)
先是成祖北征本雅失理、經闊灤海、至斡難河、撃敗阿魯台。軍前毎見沙濛霧靄中、有神、前我軍駆、其巾袍刀仗、貌色髯影、果然關公也、獨所跨馬白。凱還、燕市先傅、車駕北發日、一居民所畜白馬、晨出立庭中、不動不食、晡則喘汗、定乃食、回蹕則止。事聞、乃勅崇祀。ii

 と、まあこんな感じデス。砂漠でいきなり砂嵐に遭遇したら、髯のオッサンが現れて先導してくれたわけですね。髯だからアイツ関羽だったんじゃね?と軍中で噂になって、帰ってきたら前門に妙ちきりんな白馬がいるからとりあえず祀ってやるさ!って感じですかね?
 胡散臭さ満点なので、多分関帝廟の箔付けのために永楽帝に仮託された与太話なんでしょうけど、少なくとも明代には前門には関帝廟があったという証拠にはなるでしょう。

 で、その前門関帝廟は今現在存在しません。いつの間に消えて無くなったんでしょうか?

 明代はとにかく軍人中心に関羽信仰が強かったと言われます。何せ、豊臣秀吉朝鮮出兵の際に、朝鮮半島に進駐した明軍は駐屯地に関帝廟をワザワザ建設されたと言いますiii。遠征の駐屯地にすら関帝廟を欲するくらいですから、国都の中心たる前門関帝廟があったとしても驚くには足りないのかも知れません 。
 次の清代ではマンジュ皇族からして大の関羽好きです。入関前にはホンタイジ漢人官僚に批判されるくらい《三国演義》にのめり込んだり、のめりこむあまり《三国演義》のマンジュ語訳が国家事業としておこなわれたり、その後もダイチン・グルン歴代皇帝は毎夕坤寧宮シャーマン関羽を祀ったといいますから、国を挙げて関羽が好きだったみたいですね。 試しに手持ちの絵画を捜してみたら、康煕帝が南巡した際の様子を描いた《康煕帝南巡図巻・回鑾京師》の部分に前門甕城内に描かれた関帝廟らしき建物が確認出来ました。

《康煕帝南巡図巻・回鑾京師》(部分)iv


 清代では天壇で祭事を行う際、歴代皇帝前門・関帝廟を参拝して線香を供えたと言いますから、余程崇拝されたんでしょうね。

 で、その後の顛末をWikipediaで確認して見ると、前門こと正陽門は1900年の義和団事件で戦乱に巻き込まれて外郭である大柵欄が焼け、それに続く八ヶ国連合軍進駐の際に見張りに立っていたインド兵の不審火が原因で火事が発生して前門が焼け落ちたみたいですv。当然、この際に件の関帝廟も焼け落ちたと考えても良いでしょう。

 で、焼け落ちたのなら今の正陽門は何なの?と言うコトになりますね。現在の正陽門中華民国3(1914)年に再建されたモノです。その際に関帝廟も再建された様ですね。
 ただ、1909年刊行の『北清大観』という写真集にも関帝廟菩薩廟らしき建物が写っているviので、再建されたモノなのか?元々甕城内は被害が軽微だったのかは自分には判断出来ません…。
 中華民国4(1915)年に京奉鐵路敷設のために前門甕城が除去された際も、関帝廟は壊されなかったようです。その後、軍閥抗争の際にも、日中戦争時にも、国共内戦の時も、再建された関帝廟は壊れずにいたようですね。
 下の写真は1957年頃撮影された正陽門ですが、バッチリ関帝廟菩薩廟も写ってます。
 

1957年頃の前門vii


 では、戦火を潜り抜けてきた関帝廟はいつ消えて無くなってしまったのか?というのを、先のWikipediaの記事で確認して見ると…案の定、文革の時に壊されてしまい、そのまま今日まで再建されていないようですね…viii

正陽門(2008年11月宣和堂撮影)


 今、民国初期風の街並みをモデルに綺麗に整備された正陽門の前に関帝廟を再建すれば、それなりに観光客を集めることにはなるんでしょうが、なんだかやるせないですねぇ…。勿論、考証的にはココに関帝廟がないとおかしいんですが…。まあ、以前なら文革でぶっ壊れたなんて言う記事は捜しても見つからなかったはずですから、時代も変わったと信じましょう。

  1. 内田道夫『北京風俗図譜 2』P.18 [戻る]
  2. 劉伺・于奕正《帝京景物略》北京古籍出版社 P.97 巻之三 城南内外 [戻る]
  3. この辺は本ではなく三国志学会 第ニ回大会で金文京センセの発表で聞いた話。詳しくはこのページを参照→2005年7月31日「三国志シンポジウム」雑感1 三国志ニュース [戻る]
  4. 《清史図典》第三冊 康煕朝 上 P.91 [戻る]
  5. 正阳门箭楼在1900年义和团拳民焚烧前门外大栅栏时被飞溅火星引燃烧毁,城楼在当年冬天被生火取暖的印度士兵不慎烧毁,目前的正阳门是民国三年(1914年)改建的。 Wikipedia 正阳门 [戻る]
  6. ディジタル・シルクロード 東洋文庫アーカイブ 北清大観 : vol.1 P.141 [戻る]
  7. 『北京』岩波写真文庫 P.19 [戻る]
  8. 文革期间,正阳门关帝庙与观音庙一同拆除。Wikipedia 正阳门 [戻る]

シュリーマン旅行記 清国・日本#1

 と言うワケで、ひょんなコトからハインリッヒ・シュリーマン/石井和子『シュリーマン旅行記 清国・日本』講談社学術文庫 を読んでます。トロイヤ発見の8年前、当時はむしろクリミヤ戦争で財をなした商人として、シュリーマン太平天国の乱平定直後の清国北京上海に訪れていたわけです。どうにも経歴を見ると香具師という印象が強いシュリーマンですが、旅行記は案外観察眼が確かでフィールドワークとしてはしっかりしたモノに思えます。

Read more

もろこし銀侠伝・もろこし紅遊録

 と言うワケで、読んでから暫く経ってたんですが、秋梨惟喬『もろこし銀侠伝』創元推理文庫 と『もろこし紅遊録』創元推理文庫 を読了。
 と、真っ当なレビューはここら当たりで読んで下さいw

時代伝奇夢中道 主水血笑録
 「もろこし銀侠伝」(その一) 武侠世界ならではのミステリ
 「もろこし銀侠伝」(その二) 浪子が挑む謎の暗器
 「もろこし紅游録」(その一) 銀牌、歴史を撃つ
 「もろこし紅游録」(その二) 結末と再びの始まりと

 ザッというと「黄帝から続く銀牌をもつ侠客が各時代に庶民の味方となって活躍していたのだった!」と言う建前の中国を舞台にした時代推理小説デス。
 時代はバラバラで登場人物も違いますが、各話に共通しているのは、比較的平和な時代に、民間で殺人事件が起こり、銀牌を持った人間やその関係者が、隠されたシステムを解き明かして、事件の解決にいたる手助けをする…と言う話ですね。
 舞台とする時代が戦国時代北宋南宋民国と様々でバラエティーに富んでいる上に、登場人物はみな魅力的な良作でした。一個一個の事件のトリックには正直どうかと思うモノも中にはありましたが、それを補ってあまりある人物描写と考証で楽しめました。
 ただ、割と殺伐としたハードボイルドな話が多いのに、ひらがなの”もろこし”というタイトルと、ほのぼのとした表紙はちょっと合ってないかな…という気も。あと、言われているほど武侠テイストは感じられず、どっちかというと陳舜臣初期中国モノの様に推理モノ中国モノの融合した小説…という側面が強いのかな…とは思いました。
 武侠と言えば軽功ですが…軽功は一応出てきますが、むしろ、水滸伝的な神行法とか縮地法的な描き方でしたね。水滸伝の登場人物も『もろこし銀侠伝』には出てきますしw勿論、派手な必殺技が出てきて、技名を絶叫するわけでもないですし、腫れた惚れたの愛憎劇があるわけではないので、コレが武侠か?と言われるとやっぱりNO!と言わざるを得ませんね。武侠小説を求めてこの小説を読むのはちょっと危険です。武侠小説のテイストも確かに混入されていますが、むしろ水滸伝志怪小説のような古典の方に雰囲気は近いと思います。武侠小説よりも洗練された江湖よりの世界を舞台にした中国推理ものと言った方がすんなりします。
 しかし、オフ会で作者の方と同席する栄誉を賜ったのですが、残念ながらまだ読了して無かったのが悔やまれます。色々書きましたがオススメの小説です!

国際交流特別展「北宋汝窯青磁 – 考古発掘成果展」

 と言うワケで、帰省ついでに大阪市立東洋陶磁美術館で行われている国際交流特別展「北宋汝窯青磁 – 考古発掘成果展」を見に行ってきました。他にも色々展示会があったのに、このチョイスというのもまた…。

 そもそも、大阪市立東洋陶磁美術館には水仙盆と称される青磁楕円盆が収蔵されているわけですから、こういう展示なら確実に出てるだろうから…と足を運んだわけですが、これが大当たりでした。汝窯の印象がかなり変わりました。
 最近は汝官窯とは言わずに、汝窯って言うんですね。官用品も献上していたけど、民間にも供出していたよ?と言う程度の意味合いだと思います。
 長年汝窯はその窯址が不明とされて、その完成度の高い製法とともに謎の多い磁器とされてきたわけですが、2000年の発掘で出土した天青釉の陶片が伝世品の汝窯磁器と基本的に同じ成分と確認され、河南省宝豊県清涼寺窯址がまさしく汝窯そのものだと断定されたみたいです。この辺知らなかっただけでも自分かなりへっぽこですねぇ…。
 更に、近隣の張公巷窯跡でも青磁陶片が出土していて、こちらはいくらか時代が下って金代元代と見られているようですが、いずれにしても天青釉を使っていたみたいですね。今回の展示は清涼寺窯址張公巷窯址から出土した天青釉青磁を中心とした発掘品がメインです。
 
 №01:匣鉢、№02:支焼器座、№03:墊圏、№04:墊餅、№16:色味片、№18:内模、№20:外模などは流石は発掘物というか、焼成過程で使われる器具ですね。発掘品ならではですからワクワクします。特に色味片汝窯独自の器具らしく、温度によって釉薬の色合いが異なるために、色見本を置いて焼き具合を確認したようです。なるほど。

 伝世品の汝窯青磁は基本的に器の形は単純で、刻花磁器に彫刻を施してから釉薬を塗って焼き上げる製法)や印花磁器にスタンプのような型を押して模様をつけて釉薬を塗って焼き上げる製法)はないので、のっぺりした形が汝窯のスタンダードとされていたわけですが、出土品はこれまでの汝窯像を大きく覆すモノでした。
 №32:青磁印花花蓮弁文碗や№51:青磁印花花蓮弁文器蓋には大きく二重の蓮文を描かれ、№46:青磁刻花龍文瓶や№:63:青磁刻花龍文盆片、№73:青磁印花龍波濤文鉢、№87:青磁印花龍文盒では龍を、№75:青磁印花龍蓮弁文鉢片ではその両方が描かれています。これだけでも今までの汝窯青磁の印象と大きく異なります。
 更に№57:青磁透彫香炉、№58:青磁鴛鴦形香炉蓋や№59:青磁龍刑香炉蓋片、№60:青磁獅子形香炉蓋片等に至っては立体物で、多くのモチーフは動物です。これも今までの汝窯青磁にはないイメージです。
 それにしても、これだけ天青釉青磁を見ても、どれ一つ同じ色合いの青がないんですよね…。黄色っぽいモノから緑色っぽいモノ。乳白色で貫入が見られないモノから、ガラスのような質感で貫入が見事なモノ、鱗のような貫入が入ったモノなど様々です。
 今まで、台北北京で見た伝世品の汝窯青磁がそれぞれ一つ一つ印象が違いすぎるのが、自分の中で疑問でした。一体天青釉というのはどの色合いが正解なのか?もしくはこれだけ釉色が違うのならフェイクが混ざっているのだろうか?何度見ても唸るばっかりで分からなかったわけですが、今回の展示で疑問も氷解しました。天青釉は本当に偶然の産物なので、色合いが異なるのは当然なんですね。本当に一つとして同じ色合いの器がありませんでした。同じ場所からの出土品ですからこれくらいハッキリした証明はありません。
 ただ、天青釉の色合いの正解は分かりません。どのような色合いが高い評価を得たんでしょうか…。ただ、自分はこの展示の中では№39:青磁洗が一番好きな青でした。貫入もきれいに入っていますし、見事なスカイブルーです。残念ながら土がくっついているために失敗作とされたようですが、おかげで発掘されたのだと思うと、実に眼福です。あと、№47:青磁瓶の胴体部分も見事な青でした。肩のあたりがエメラルドグリーンになっているのは好みによるんでしょうけど、自分は好きです。日本では砧形瓶と呼ばれる形の瓶ですが、この形自体は西アジアガラス瓶にルーツがあるようです。特にこの瓶の釉薬はガラスっぽいんですが、それも西アジアガラス瓶と関係があるようです。

 で、いよいよ最後には特別出品:青磁楕円盆です。所謂水仙盆ですね。なんでも清代では”猫食盆猫のえさ入れ)”とか”猧食盆子犬のえさ入れ)”と呼ばれたようですから、そういう用途で使われたようです。北宋当時の使用用途は不明ですが、漆器を模したものでおそらくは宮廷什器として使用されたと言うコトです。花を活ける盆ではなかったようですね。

 更に、参考として大阪市立東洋陶磁美術館収蔵の高麗青磁も展示されていました。今回の発掘品から高麗青磁は普段考えられていたよりも、より汝窯の影響を受けていたと言うコトが分かりますね。発掘品の本来の形を想像する上でこれほど有益な比較もないですね。不勉強で高麗青磁は象嵌ものという印象が強かったんですけど、そればっかじゃないんですね…。勉強になりました。

 今回の展示はとにかくキャプションが丁寧で、感心し通しでした。石膏を使って復元している磁器もあるのですが、中には青磁に色を似せた形で復元した磁器もあったのですが、キャプションで一々その旨断っていたのも好感が持てます。特に№46:青磁刻花龍文瓶などは本来の釉色を見極めづらく、唸っていたらキャプションに説明があって納得しました。このキャプションが入った上に、展示している図版や表などを効果的に取り込んだ図録は、多分、今まで見た展示の図録の中でも頭抜けて良い出来だと思います。ほんと、物販コーナーでもっとプッシュして売るべきです。この展示を見て感銘を受けた人なら買って損はありません。デザインも良いですし、内容も充実、図版もきれいで文句がつけられません!特に歴代の史書から汝窯青磁についての記述を抜き出した汝窯関連主要歴史史料は圧巻です。ほんの一部だけ展示されてましたが、これだけ揃えられると圧巻です。乾隆帝の見識が評価されていたのが意外でしたが…。
 この図版はもっと目立つところに置いて欲しかったです。チケット売り場に目立たないように置いてましたよ…。

1 5 6 7 8