蘭陵王

 と言うワケで田中芳樹ファンの中ではノストラダムスの大予言的な扱いを受け、出る出る詐欺の典型とまで思われていたタイトル、田中芳樹『蘭陵王』文藝春秋 が出てしまいました。らいとすたっふのブログでは一切触れられていなかったので、都市伝説だとばかり思ったんですが、ホームページの方では告知がされていたというのを発売後に知りました。意味ネージャン。
 と言うワケで宿願のタイトルだったので、喜び勇んで読んだわけですが…何というか良くも悪くもツッコミどころがないというか、興味があまり惹かれないというか…個人的には良くも悪くも残念な内容だったように思います。
 色々無粋に突っ込もうかと思ったら、既にnagaichiさん冷静に突っ込んでいるので、この辺はウルトラスルー。また、一般的に蘭陵王のことが知りたいよ~と言う人は素直にさいらさんの所の記事を読むと良いです。日本語で読むならここ以上に記事揃ったところ無いです。と言うワケで、ここの記事以外の蘭陵王高長恭の記事はフィクションなワケです。だから、田中版『蘭陵王』で蘭陵王江南に行ったのは、王琳呉明徹蕭摩訶出したかったんだろうナァ…と、突厥と戦わせたのは、チュルク軽騎兵と戦っても負けないくらい強いんだぜ!と言うコトが言いたかったんだろうナァ…と温かい目で見られますな。

 そんなこんなで気が付いた点。

北斉蘭陵王長恭、才武而貌美、常著仮面、似対敵。
北斉の蘭陵王・長恭は、才武くして貌美しく、常に仮面を著け、似て敵に対す。
(資治通鑑 巻百七十一)
(P.13)

 帯では以てとなっているんですが、本文中は似ると言う字を以てと読ませるナカナカ難解な読ませ方しています。最近の学説ではこういう風に読むんですかねぇ?…冗談はさておき、一応検索するとそれに類する個所は寒泉検索しても出てくるんですがねぇ…。

武士歌之,為蘭陵王入陳曲,〔杜佑曰:北齊蘭陵王長恭,才武而貌美,常著假面以對敵。嘗擊周師金墉城下,勇冠三軍。齊人壯之,作此舞,以郊其指麾擊刺之容,謂之蘭陵王入陳曲。〕
(《資治通鑑》第百七十一巻 陳紀五)

 まあ、《資治通鑑》本文ではなくて、蘭陵王入陣曲に付けられた胡註で引用されている杜佑通典》の記事デスわな…。まあ、胡註とセットで読むのが現在の《資治通鑑》を読む際のスタイルなのでウソではないのですが、ちょっと誤解を招く描き方ですね…。本文というよりは煽りなんでしょうから、田中芳樹本人ではなく、スタッフの犯行かとは思われますが…。《通典》よりも《資治通鑑》の方がネームバリューがあると感じたのかも知れませんが、一般的な訴求力としてはあんまり変わらないと思うんですがねぇ…。むしろ、《北齊書》や《北史》の「長恭貌柔心壯,音容兼美.《北齊書》巻十一補 列傳第三 文襄六王 蘭陵武王孝瓘 及び《北史》巻五十二 列傳第四十 齊宗室諸王下 文襄諸子 蘭陵王長恭)」の方ならウソにはならなかったと思うんですが…(この項とある人のつぶやきが元ネタ)。

「密勅をたずさえてまいった。蘭陵を呼べ」
 呼び捨てである。(P.307)

 田中芳樹ワールド内では、王号をそのまま呼ぶのは不遜みたいですね…。蘭陵王を呼び捨てるのなら、長恭!とか言うんだと思うんですが…。
 浅田次郎ワールドでを呼ぶのは親しい間だけというのにも違和感感じましたが(むしろあまり親しくない人に諱で呼びかけるのは不遜だったので)…。

 周軍の総帥ともいうべき蜀国公・尉遅〓(P.32)

 本文中は〓はしんにょうに冂の中に儿と口ですが、一般的には尉遅迥とされる人物ですね。ええ…うっちけいと読みますが、うっちかいと読む凡例はしらんですな…。ルビ振られる度に気になって仕方なかった…。

 徐仙姑は北斉の宰相の息女とされているが、北斉は短命の王朝で、徐と言う姓の宰相は徐之才のみである。(P.340)

 この辺はnagaichiさんの指摘にあるように、《太平廣記》あたりが元ネタみたいですね…。寒泉で検索すると…。

 徐仙姑者,北齊僕射徐之才女也。不知其師。已數百歲,狀貌常如二十四五歲耳。(中略)出《墉城集仙錄》(《太平廣記》第七十巻 女仙十五)

 コッチでは徐之才の娘と最初に出てきますね。もっとも、文中に出て来る《瑯環瑣記》?は調べがつきませんでしたが…これは民明書房刊とか言うオチかなぁ…。

 最後に雑感をまとめて…。
 個人的には蘭陵王索頭ではないことが残念でなりません。こう、兜を脱ぐと剃り上げた索頭があらわになって、「あ、文襄帝のご遺児がやってこられた!」みたいなシーンを期待する方がバカなんですが…。
 そうそう、あとネットで散々蘭陵王入陣ではない!と言われ続けてたので、いいかげん蘭陵王入陣に直ってましたね。
 あと、何というか…。イケメンで性格よくて立派な武将で潔くて…というこの小説の蘭陵王は…何というか史実通りでつまんなかったですね…。田中芳樹モノにしては珍しくラストに濡れ場…らしきモノで締めたのは意外でしたが、もっと欠点のある人間でもよかったように思います。少なくともラインハルトくらいには欠点持ってて欲しかったですね。どうしようもない女ったらしとか、常につまらない冗談吐いてるとか、いつもご飯ばっかり食べてるとか。
 徐月琴こと徐仙姑は『奔流』に出てきた祝英台よりは、まだ使い方が巧かったと思います。大飯ぐらいで猿のように身軽というのは、使い勝手が良いですよね。
 あと不満だったのが、斛律光を代表とする勳貴和士開を代表とする恩倖祖珽……を代表とする漢人貴族の三竦み状態が北斉政権の面白さだと思うのですが、今ひとつ魅力的に描けていなかったような…。勳貴達の鮮卑色が薄く(この小説では、北斉の鮮卑色を極力控えるようにしている気もしますが…)、和士開ソグド説にも触れることなく、唯一祖珽の気味悪さを描くのには成功していたモノの、アレは祖珽のパーソナリティーであって漢人貴族を代表するような人物かというと疑問ではあるので、結局他の時代を舞台にしても良いような…という印象を受けたりしたんですが…。
 あと、北斉に於ける晋陽の特殊性も描き切れてなかったですしね…。
 この時代のチュルク=突厥が明らかに北周北斉を凌駕していて、衛星国扱いしていたと言うのも極力ライトに書かれているのも気になりましたが…。もっと強大な敵として描けば、対突厥戦も緊張感があったんでしょうけどねぇ…。対陳戦の方がなんか緊張感ありましたし…。
 まあ、いいかげん中国史中華主義だけで見るのもどうかなぁ…という考えの自分が読んだ感想ですから、あんまり参考にはならないと思いますが…。

中原の虹

 と言うワケで、浅田次郎『中原の虹』講談社 を読了しました。イヤハヤ…ホント没法子な状況に天命を帯びた?張作霖満洲に降り立ったぜ!と言うお話でした。
 『蒼穹の昴』でも、史上最凶の皇后という評判のある慈嬉太后や、漢奸のそしりを受けることが多い李鴻章を…まあ、贔屓の引き倒しではなく見方を変えることによって、慈嬉太后を永遠の可憐な少女として、李鴻章を徹底した政治家として描写していました。今回は、似たような手法で百日変法の結果、非常に険悪だったとされる慈嬉太后光緒帝を実の親子以上の絆で結ばれた関係としたり、史上最悪の簒奪者とされる袁世凱も状況が悪化すると呼び出されて道化じみた芝居をさせられる苦労人として描写しています。この辺、オイオイ!と言いながら引き込まれてしまうあたり流石です。
 という所で、ネタバレ全開で登場人物の描写に関する感想です。

慈嬉太后:西洋諸国に中国を渡さないために、敢えて悪女の風評を喧伝させて、中国内部から革命を起こそうとした。又、わが子・同治帝と容姿はそっくりなのに出来の良い光緒帝を心から愛し、西洋人にいじめられないために無理心中。→モノは言い様だけど、流石に無理心中は無いよ…。

光緒帝:瀛台に蟄居させられて遂には精神を病む…と装って意外と正気で、電信機を使って革命派を煽って武昌で武装蜂起するように示唆したり、袁世凱に清朝を簒奪するように唆したりする。→親爸爸愛しさに無理心中とかあり得ないだろう…。それなら大阿哥こと保慶帝はどうやって説明するんだろう…と思ったら、熱狂的慈嬉太后ファンクラブ会員として再登場…。

ダイシャン:清初のスーパースターでドルゴンやホーゲを引き連れて、ホンタイジを謀殺したり、呉三桂を降伏させたり、薙髪令を出したりと六面八臂の大活躍をする。→いくら何でも活躍しすぎ。この人のお陰でダイチングルンは飛躍したといっても良いくらいの活躍ッぷり。ありえね~。

張作霖:根っからの馬賊で、鬼でも仏でもない張作霖。→偉くなり過ぎちゃって内面描写があんまり無いので、この小説中では神様みたいな存在。まあ、神でも悪魔でもない張作霖なんだけど。

袁世凱:熟慮するよりも勘で動いて名声を得てきた俗人。ガンガン思いつきで行動してノシノシと競争者を排除してきたように見えて、実は竹馬の友・徐世昌に急かされて行動してきた。宋教仁のことを誰よりも評価していて、その死後は勘が鈍ってヘタを打った。→極めつけの俗物なのに気が小さくて何かと言えば徐世昌を頼るので、読んでいると感情移入して可愛く感じてくる。ある意味この小説の主人公。まさか、中華皇帝即位が追い込まれた末の苦渋の選択だったとは…と危うく欺されかねないほど感情移入してしまった。

徐世昌:中正、中庸の人で調整役にうってつけ。袁世凱とは長年の友で、科挙に失敗して自殺しようとした袁世凱を助けたことから、長年続く腐れ縁が始まる。→日和見主義のヌボーっとした総統という印象が強かったのだけど、袁世凱とコンビ組ませると可愛くて仕方が無い。

宋教仁:言わずと知れた民初のスーパーアイドル。本書でも遺憾なくアイドルッぷりが発揮される。→アイドルパワーが炸裂しすぎて、中国全土の没法子を背負って立つ存在とまで言われてしまう。この小説での暗殺者は大阿哥・溥雋子飼いの鉄砲玉。袁世凱に濡れ衣を着せるのが動機というやるせなさ。

趙爾巽:《清史稿》編纂者にして実質的な初代東三省総督…という点だけでも面白いオッサンなのに、『ワシも若ければ張作霖と同じようなことをした』みたいなコトを言っちゃうノリノリの爺さん。→自分は趙爾巽が満洲八旗の生まれなのに、漢人八旗の家に養子に出たという記述がホントかどうか気になった。

大阿哥・溥雋:幻の保慶帝。義和団事件の後、ヤクザ社会に足を踏み入れてアヘン窟の王になる。→あれ?大阿哥って義和団の後は新設の新疆省に流されたんじゃあ…とか思ったけど、出番が少ないのに袁世凱暗殺とか美味しい役どころが転がってくるあたり、作者にかなり好かれているモノと見られ…。

鎮国公・載沢:西洋かぶれでシルクハットを被った英語も達者なオシャレ皇族。何やっても怒られないという非常に羨ましい立場ながら、紫禁城内で映画が上映されるという白昼夢的な何かを見て大往生的なフェードアウトをする。→慈嬉太后派の頭脳派皇族として名を残しているモノの、本当にシルクハット被ったジェントルメンだったのかは調べがつかなかった…。

 ザッと思いつく限りはこんなモンかしら…。

 コレ読んだら、澁谷由里『馬賊で見る「満洲」―張作霖のあゆんだ道』講談社メチエ を読みたくなるのも自然な流れ。白虎張とか漢卿は勿論、好大人とか麒麟ランパも写真が見られたりするので魅力的!

ダイシャン

 と言うワケで相変わらず浅田次郎『中原の虹』講談社 を読んでます。ようやっと三巻読み終えました。自分の中では張作霖よりもむしろダイシャンの方が主役です。というか、何このスーパーダイシャン

□『中原の虹』版ダイシャンがスーパーである理由□
戦傷が元で没したシュルガチを看取る→シュルハチヌルハチに疎まれて窓際族として悶々として病死というのが有力
父・ヌルハチの命によって最愛の兄・チュエンを毒殺→チュエンが殺されたのは史実だが、その死と共に記録が抹消された為に本当の死因は不明
弟のヘカンを後継者に指名→ホンタイジ皇太子を意味する俗称に過ぎず本名ではないと言うのも通説ながら、本名は不詳とするのが一般論…確かにヘカンという説もあるんだけどね…。ソレよりも、小説中で徐世昌が説く仮説、ホンタイジヌルハチ在世中から後継者と目されたモノの部族内での支持が得られなかったために長く皇太子ホンタイジと言われたためその通称となったのでは?というのは面白い。
マンジュモンゴル朝鮮(ソラホ)だけでなく、山海関を超えて(ニカン)を攻めることを進言→小説中ではシュルガチチュエンは同じコトをヌルハチに進言して排斥されている
ホンタイジ暗殺を計画→実行犯はドルゴンで共犯者はホーゲ。なので弑逆の罪を負う彼らは帝位に着くことは無く、帝位はフリンが嗣ぐことに決まった。また、暗殺だったので喪に服すこともなかった。
焼け野原になった紫禁城北京の施設を明代の旧態に戻した→天壇中華王朝に相応しいモノとして、マンジュの祭祀はマンジュのみで堂子で行うことにしたのもダイシャン
薙髪令を献策→ドルゴンが施行。

 と、清初の基本的な政策は全てダイシャンが画策し、ホンタイジなりドルゴンが実行したとか言う、富野メモシャアか!と言いたくなるようなスーパー振り。こんなにダイシャンが大活躍でちょっと目頭が熱くなる想いだけど、ちょっと頑張り過ぎじゃない?
 と言うワケで、色々突っ込みたくなることはあるモノのとりあえず、あの時代のマンジュでワザワザダイシャンを引っ張り出してきたことに敬意を表するわけです。なんか、禮親王府行きたくなったよ…。

名は体を表す

 ようやっと浅田次郎『中原の虹』講談社に取りかかってたり…。いや、張作霖の話か~気が重いなぁ…と思っていたら、「アンタ間違ってるよ!これはダイシャンの話だよ!」というすすめがあって、読んでみることに…。ダイシャンがクローズアップされる小説なんて無いだろ…普通。
 確かにダイシャンが出てきて興奮。頑張れダイシャン!やったね!で、劇中、漢語でもそう難しい語彙ではない「没法子」という言葉が印象的に使われていたり…。で、日々の報道で「没法子」で思い出すのはやっぱりのりピー容疑者だったりね…。
 酒井法子は「没法子」だ~とか言う駄洒落を思いついたら、中国圏では誰もが思いつくレベルの駄洒落だったらしい。

  • 酒井容疑者逮捕 中華圏も“沸騰”
  •  確かにスポーツ新聞レベルの駄洒落だよなぁ…。

    東トルキスタン暴動にダイチングルンを思う

     と言うワケで、今回再開を思い至ったのも、先日来ニュースを騒がせている東トルキスタン暴動…というか、日本ではウイグル暴動と称されるコトが多い暴動を見ていてだったり…。

     サミット出席中の国家主席がドタキャンで帰国という、面子丸つぶれの結果を及ぼした暴動に対して 共産党は例の如く、分裂主義者達によるテロ行為と言うコトにしている。まあ、共産党からするとそう言うことになるのだけれど、そもそも中華人民共和国東トルキスタンの領有を主張するのは、清代乾隆帝十全武功と称した外征の一環として、宿敵ジュンガル部を潰滅に追い込んでその勢力圏を奪取したから…なワケだったりする。そもそも、新疆ウイグル自治区に残る、新疆というネーミング自体、新たなる境域=新領土という意味でしかない。ダイチングルン崩壊後、その旧領を中華民国が継承し、更に国共内戦に勝利してその旧領を中華人民共和国が継承した…とする大前提があって始めて中華人民共和国東トルキスタンの領有を主張できるのだ。

      一言にダイチングルンの旧領と言っても、地域地域によって統治の仕方が異なっていたらしい。故地である満洲は時期によって異なるモノの、奉天将軍吉林将軍黒龍江将軍を置いてマンジュグルン以来の軍政を継続させた。の旧領には各省に巡撫、また数省を管轄する総督が置かれた。明代からの変更は戦時に於ける臨時の官職とされた総督が常設されたくらいで、実質は明代の旧制をそのまま施行したと言って良い。この二つの地域はダイチングルン直轄領と称して差し障りが無く、皇帝専制の強制力が強い。しかし、直轄領と異なり、外藩部として統治されたチベットモンゴル東トルキスタンは、辺境防備のために進駐軍を配したとはいえ、基本的には当地の実力者を官爵に封じており、平時の実情は間接統治と考えて差し障りはない(これに雲南あたりを加えると更にややこしくなるので割愛)。
      チベットダライ・ラマを頂点とした政教一致の宗教国家が已然として存在しており、仏法の守護者たる文殊皇帝としてダイチングルン大施主皇帝の統治を受け入れ、モンゴルは已然として遊牧生活を営みつつ、大元ウルス大ハーンの後継者たるダイチングルン大ハーン皇帝の統治を受け入れ、東トルキスタンでは異教徒ながらイスラーム法の守護者としてダイチングルン皇帝を受け入れた。
     しかし、ダイチングルンの勢力が衰えると、朝廷では漢族有力者を用いて立て直しを図ったため(洋務運動にしろ変法運動にしろ、主体は漢族であった)、次第に外藩部ではダイチングルンの支配を受け入れていた要因自体が薄れていった。
      清末には東トルキスタンではイスラーム教徒の叛乱が起こり、それに乗じてイギリスの影響下にあるコーカンド・ハン国の軍人=ヤクブ・ベク東トルキスタンに侵攻すると、東トルキスタンの放棄さえ議論された。しかし、ヤクブ・ベクダイチングルンが派遣した塞防派左宗棠に一蹴されると、一気に叛乱は鎮圧された。叛乱鎮圧後は、理藩院に属していた東トルキスタンの統治を、新疆省を設置してこれに移管して直轄領とした。以後、新疆省巡部など主要な役職は漢族によって占められることになる。
     で、間もなくダイチングルンが滅亡し、中華民国が成立するや否や、モンゴルチベット中華民国宗主権を認めずこぞって独立を表明し、それぞれロシアイギリスを頼って実質的な独立状態を保った。

     と、後はややこしくなるのでココで一旦切るとして、要するにモンゴルチベットも、ダイチングルンによる支配は受け入れたとしても、漢族による支配は受け入れない!と中華民国の成立時期に表明しているのだ。東トルキスタンにしても、ヤクブ・ベクの政権が瓦解していなければ、イスラーム教徒の叛乱が鎮圧されていなければ、同じようなコトを表明していただろう(チベット、モンゴルに比べて求心力に欠けており、統一性に欠けていたため小勢力に分裂していたかも知れないが…)。
      辛亥革命のスローガンも滅満興漢と言うぐらいなので、実は清末革命派外藩部の領有には殆ど関心がなかったようで、中華民国建国期のドタバタで急に決まったようなコトなのだ。

     と、ダイチングルンの歴史と清末から中華民国成立期旧外藩部の動向を知らないことには、今日何でチベット東トルキスタンで暴動が起こるのかは分かり辛い。少なくとも、暴動を起こした!とされる側には、漢族に支配される謂われはなく、ダイチングルン滅亡後に火事場泥棒的に掠め取った宗主権領有権でしかない!と捉えているのだと思う。もっとも、辛亥革命から百年、国共内戦終結から五十年が経過していて、もはやダイチングルンの統治云々だけで全て説明できる問題ではなくなってはいるんだけど…。

    1 25 26 27