順治元年4月、ドルゴンの入関遠征の経緯

 岡本隆司『清朝の興亡と中華のゆくえ ─朝鮮出兵から日露戦争へ─』講談社 は読んでいて刺激が多く、特に外交面で興味深い本だったのですが、読んでいて一カ所引っかかる部分があったので、今回調べてみました。具体的には下に引用した文章です。

明朝政府は李自成の軍が北京に迫るとの報を受けると、呉三桂を北京に戻して首都の防衛に当たらせる。しかし間に合わなかった。(中略)長城東端の要衝、山海関にはドルゴン率いる清軍が迫っていた。呉三桂は前方に李自成、後方に清朝と挟まれる形になって、窮地に立たされる。(中略)そこで呉三桂は、敵対する清軍に密使を送って、援軍を要請する。(中略)ドルゴンは思いがけず、敵軍の前線の司令官から密使が来たばかりか、その君主の最期まで告げられて、さぞかし驚いたに違いない。(中略)『東華録』という清朝の年代記にみえるこのやりとりは、互いの立場と知略をよくあらわしている。呉三桂はあくまでも前線を守る明朝の将軍として、対峙する敵国の清朝に援助を求めたにすぎない。(中略)ドルゴンは高圧的な態度に出て、あくまで呉三桂の降伏・帰順を強いた。i

 この文章を見るに、
①:滅亡、呉三桂北京を陥落させた李自成と、北方から押し寄せる清朝に挟まれる
②:清朝ドルゴンの滅亡を知らずに山海関まで進軍
③:進退窮まった呉三桂清朝に援軍の要請のため密使を送る
④:の滅亡を初めて知ったドルゴンは驚くが、呉三桂に降伏・帰順を強要
…と言う時系列で岡本センセは理解しているようです。自分の記憶とかなり時系列が違うので驚きました。まぁ、岡本センセも清末の外交関係がご専門だからか、参考にした《東華録》にそんなことでも書いてあったのかしら…と思いながらなんか引っかかっていたんですが、昨日、別の調べ物をしていたところ、似たような文章に出くわしました。

1644 順治元年(崇禎17年) 4 ドルゴン、呉三桂の投降を受け出征し、山海関で李自成を撃破。ii

 山川出版の『世界歴史大系 中国史4』の年表にもこう書かれると、自分の記憶が不安になってきましたので、今回、《明史》と《大清世祖章皇帝實録》で確認して見ました。

 

続きを読む 順治元年4月、ドルゴンの入関遠征の経緯

  1. 『清朝の興亡と中華のゆくえ』P.43~45 [戻る]
  2. 『中国史4』年表P.70 [戻る]

その後の「制誥之寶」とマハーカーラ像

 今回は前回の補足です。実録パラパラめくって調べたら結構抜けていたので。 続きを読む その後の「制誥之寶」とマハーカーラ像

アジゲの末路について

 と、図書館に行った時に《清史列傳》をパラパラめくるとこんな記事に遭遇しました。

清史列傳⇒八年正月、攝政王薨於喀喇河屯、王赴喪次、即歸帳。其夜、諸王赴臨、王獨不至。而私遣人至京召其第五子郡王勞親以兵迎脅摂政王所属人附己。詐言摂政王悔以多爾博爲子、曾取勞親入正白旗、又怨摂政王不令豫親王子多尼詣己、詰責豫親王舊属阿爾津、僧格、且諷端重親王博洛等速推己摂政。至石門、上迎喪、王不去佩刀、勞親兵至、王張纛與合隊、左右座舉動甚悖。攝政王近侍額克親、吳拜、蘇拜等首其欲爲乱、鄭親王等即於路監守之。至京、鞫實、議削爵、幽禁、降勞親貝子。閏二月、以初議阿濟格罪尚輕、下諸王大臣再議、移繋別室、籍其家、子勞親等皆黜宗室。三月、阿濟格於獄中私藏兵器事覺、諸王大臣復議「阿濟格前犯重罪、皇上従寛免死、復加恩養、給三百婦女役使及童僕、牲畜、金銀、什物、乃伋起亂刀四口、欲暗掘地道與其子及親腹人約期出獄、罪何可貸?應裁減一切、止給婦女十口及随身服用、餘均追出、取入官。」。十月、監者告阿濟格謀於獄中舉火、於是論死、賜自盡、爵除。 (中略 乾隆)四十三年正月、諭曰「朕覽實録載英親王阿濟格秉心不純、往追流賊、誑報已死、又擅至沿邊索馬、且向巡撫囑託公事、過跡昭著、雖前此亦有微勞、究不足以抵其罪、黜爵實由自取。至其子孫前此降爲庻人、削其宗籍(後略)」i

続きを読む アジゲの末路について

  1. 《清史列傳》巻一 宗室王公傳一 阿濟格 [戻る]

ドドの逸話

 再三自分は白旗三王の中ではアジゲの狂人ぶりをいつも喧伝しているワケですが、比較的常識人というかおとなしいと言われるドドも大概だよなぁ…。と言う記事がいくつか出てきたので、メモ代わりに。

tere inenggi han munggatu daru hendume sini eruke Cugehur Beile etuku mahala fiyan encu: efiyen sebjen de dosifi ice jihe monggo nikan de u sailan ujirakū: tere gisun de munggatu jabume ere gisun be beile de alaci omobio seme jabuha : han henbume si ume alara: bi jai šolo bahade elheken ambasa be isabufi hendure sehe :
(天聰五年十一月)同日、HanがMunggatuに向かって言うには、「汝のErke Cugehur Beile は衣服や帽子、風体が異様だ。遊興に耽って新来の蒙古人や漢人をよく養わない。」この言に対してMunggatuが答えるには、「この言をBeileに告げてよいか」と答えた。Hanが言うには、「汝は告げるな。我があらためて暇のあるときに、おもむろに大臣らを集めて言う」と言った。i

 東洋文庫に行ってようやく都市伝説ではないことが確認できた『内国史院檔 天聰五年』をパラパラ読んでいてこんな記事にぶつかりました。どうも、hanホンタイジErke Cugehur Beileドドが、麾下の旗人を養うというベイレとしての責務を全うしないのに、傾き者みたいな格好してどんちゃん騒ぎを送っていることを快く思っていないようです。ここで、正白旗人であるムンガトゥにあれどうなっとるんや?と聞くのは、旗人旗王を補佐し、時に教導する役目を期待されていたからです。なので、ムンガトゥはこの事を旗王であるドドに報告していいかどうかホンタイジに聞いているわけです。ムンガトゥはこの年決められた六部の人事で工部承政となっているので、ホンタイジよりの旗人で…もっと踏み込んで言うとスパイ的な役割を期待されていたんですけど。

(崇徳四年五月辛巳)爾兄睿親王、輿諸貝子大臣、及出征将士、皆有遠行。朕雖避痘、猶出送之。爾乃假托避爲詞、竟不一送、私攜妓女。絃管歡歌、披優人之衣。ii

 で、それから10年近くたって、ホンタイジドドを叱責するのですが、直接的にはドルゴンが遠征するというのに、天然痘が流行しているのでドドが外出を恐れて見送りに参加しなかったからです。ただ、この時はホンタイジすら天然痘に罹患する危険を冒して遠征するドルゴンらを送っているのにおまえと来たら結局は見送らなかったばかりか、こっそりと妓女と一緒に優人の服に着替えてどんちゃん騒ぎをしてたそうじゃないか!と、やっぱり最終的にはホンタイジの常識から逸脱したドドのファッションについても追求しています。ドドは質実剛健な当時の清朝にあってはセンスが尖りすぎたのかもしれません。

(崇徳八年十月戊子)多羅豫郡王多鐸、謀奪大學士範文程妻。事覺、下諸王・貝勒・大臣鞫訊。得狀。多鐸、罰銀一千兩。竝奪十五牛彔。和碩肅親王豪格、坐知其事不發。罰銀三千兩。iii

 ただ、ドドというとこの記事が有名なのですが、ホンタイジが崩御して二ヶ月という時期に、范文程の妻を誘拐しようとして発覚してます。この時期はドルゴンジルガランの二巨頭体制の時期です。ドドの処罰はドルゴン派の勢力を削ぐ意図が有るのか?と思いたいところですが、この時は誘拐計画を知りながら通報しなかった…と言う罪状でホーゲが罰を受けています。ドルゴンはこの事件を機に自身の鑲白旗ドド正白旗を入れ替えていますから(八旗の序列的に正白旗の方が鑲白旗よりも地位が高いのです)、順治帝即位のいざこざで一時期ホーゲに接近したドドを処罰した主体はドルゴンだと考えられます。裏切られるとまでは行ってないんでしょうけど、白旗三王が一枚板ではなかったことの証左としてよく引き合いに出される記事です。
 にしても、アジゲにしろドドにしろ精力が有り余る感じの逸話も多いので、ドルゴンの気苦労を思うと何とも痛ましいです。幾ら正妻の喪が明けないうちにホーゲ未亡人であるその妹と婚儀上げたり、同時期に朝鮮からの貢女を求めたりしても、ドルゴンは随分ストイックで周りに当てにできる親族がいなかったんだな…と、応援したい気持ちになります。

  1. 『内国史院檔 天聰五年 2』P.320~321 [戻る]
  2. 《太宗文皇帝實録》巻46 [戻る]
  3. 《世祖章皇帝実録》巻2 [戻る]