アジゲの末路について

 と、図書館に行った時に《清史列傳》をパラパラめくるとこんな記事に遭遇しました。

清史列傳⇒八年正月、攝政王薨於喀喇河屯、王赴喪次、即歸帳。其夜、諸王赴臨、王獨不至。而私遣人至京召其第五子郡王勞親以兵迎脅摂政王所属人附己。詐言摂政王悔以多爾博爲子、曾取勞親入正白旗、又怨摂政王不令豫親王子多尼詣己、詰責豫親王舊属阿爾津、僧格、且諷端重親王博洛等速推己摂政。至石門、上迎喪、王不去佩刀、勞親兵至、王張纛與合隊、左右座舉動甚悖。攝政王近侍額克親、吳拜、蘇拜等首其欲爲乱、鄭親王等即於路監守之。至京、鞫實、議削爵、幽禁、降勞親貝子。閏二月、以初議阿濟格罪尚輕、下諸王大臣再議、移繋別室、籍其家、子勞親等皆黜宗室。三月、阿濟格於獄中私藏兵器事覺、諸王大臣復議「阿濟格前犯重罪、皇上従寛免死、復加恩養、給三百婦女役使及童僕、牲畜、金銀、什物、乃伋起亂刀四口、欲暗掘地道與其子及親腹人約期出獄、罪何可貸?應裁減一切、止給婦女十口及随身服用、餘均追出、取入官。」。十月、監者告阿濟格謀於獄中舉火、於是論死、賜自盡、爵除。 (中略 乾隆)四十三年正月、諭曰「朕覽實録載英親王阿濟格秉心不純、往追流賊、誑報已死、又擅至沿邊索馬、且向巡撫囑託公事、過跡昭著、雖前此亦有微勞、究不足以抵其罪、黜爵實由自取。至其子孫前此降爲庻人、削其宗籍(後略)」i

Read more

  1. 《清史列傳》巻一 宗室王公傳一 阿濟格 [戻る]

清の実録館

 と言うわけで、《清实录研究》に実録の編纂場所……つまり、実録館の位置が載っていたので比定してみました。位置については……正直自信有りません…。と言うのも、実録館は常設の役所ではなく、皇帝代替わりの実録編纂時期にのみ官員が任命される性質の役所なので位置がころころ変わるんですね…。雍正~乾隆にかけての実録館は実録の告成後しばらく放置されたようですが、乾隆30年頃に国史館(《清史列傳》などを編纂した)に転用されたように、その時々の空いている場所を転々としたようです。
 しかし、実録の簡易版を《東華録》と称したように、概ね東華門近くに設置されたようです。まぁ咸豐年間以降はほぼ場所は固定されたようですが…。この辺、紫禁城に関する本を見ても今ひとつ詳しく載ってないんですよね…。ただ、Wikipediaの日本語版紫禁城の項には実録館の満文=yargiyan kooli bithei kurenも載っているので何かしら詳しい本があるんでしょうけど…って、これ咸安宮に付随する形で載ってますから、嘉慶年間の実録館ですかね。
 

Read more

大紅綾本、小紅綾本、小黄綾本

 実録の資料を読んでいると、割とサラッと大紅綾本小紅綾本…あと小黄綾本という版本に関する用語が出てきます。常識みたいな感じであんまり説明もないんで、いや、それ何よ…と、思って調べてみました。結構時間かかりましたが…。簡単に言うと、この大紅綾本小黄綾本…という版本の違いは正本副本の差ですね…。あと、収蔵場所も違いますが。
Read more

乾隆帝の生母について─甄嬛のモデル、海寧陳氏の元ネタ─

円明園での一家

 さて、鈴木真センセの新作論文「雍正帝の后妃とその一族i」という論文が学術的に非常に興味深い上にドラマネタ的にも面白い話だったのでメモ。
 で、どんな内容かというと⇒ドラマ《后宫甄嬛传(邦題:宮廷の諍い女)》の中で、正藍旗漢軍旗人である主人公・甄嬛が宮廷から出て道観に出家?して、再度入内する際にニオフル氏に改称するシーンがありました。ドラマ見ていた時には、楊玉環⇒楊貴妃を下敷きにしたのかなぁ…と思っていたのですが、どうやらこれに元ネタがあったようです…。原作小説は清代がモデルではないので、テレビ版がどれくらい意識しているかは分かりませんけど…。

Read more

  1. 『史境』71号 歴史人類学会 [戻る]
1 2 3 12